当サイトは、一般職をはじめ、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。

【現役STに聞く】言語聴覚士は頭が悪い人でもなれる?STの現実を紹介

言語聴覚士は頭が悪くてもなれるの?
言語聴覚士は頭が悪いのは事実?
言語聴覚士の現実は?将来性はある?

このような悩みを解決します。

 

今回は、「言語聴覚士は頭が悪い人でもなれるのか」というテーマです。

 

私は回復期の病院で人事をしているのですが、言語聴覚士だけでなく、理学療法士や作業療法士とも採用・転職を通じて関わります。

 

ゆん
今回は、現役の言語聴覚士(ST)に、実際のところどうなの?という話を聞いてまとめました。

 

最後まで読めば、言語聴覚士は頭が悪くても目指せるのか、なぜ頭が悪いといわれているのかといった、STの現実がわかります。

 

  • 完全在宅で残業より効率よく稼げる副業があります。
  • 人間関係が嫌な人だけ以下の記事をご覧ください。
  • 初月から簡単に5万円稼げます。
  1. 【理学療法士】におすすめの副業はこちら
  2. 【作業療法士】におすすめの副業はこちら
  3. 【言語聴覚士】におすすめの副業はこちら

言語聴覚士は頭が悪い人でもなれる?

結論、言語聴覚士は頭が悪くてもなれます。

言語聴覚士になるためには、大学(4年制)か専門学校(3年制)を卒業して、国家試験に合格しなければなりません。

ポイントは、大学や専門学校のレベルに関係なく、卒業して国家試験に合格できれば良いという点です。

偏差値70の大学を卒業しようが、偏差値30の大学を卒業しようが、国家資格を取れればOKということになります。

以下の画像をご覧ください。

言語聴覚士国家試験の合格者・合格率をまとめたものです。

 

st test pass ratio

出典:日本資格取得支援

 

合格率は7割ほどなので、10人中7人が合格するという計算になります。

覚えればいいだけの試験内容なので、頭の良し悪しに関係なく、勉強さえすれば誰でも合格できる難易度なのです。

つまり、頭が悪い(偏差値の低い)人であっても言語聴覚士になることは可能ということになります。

そうはいっても学歴は一生ついて回るものですし、専門学校卒は給料が安いので学歴を軽視してよい理由にはなりません。

言語聴覚士は性格が悪いのかという噂についての記事は言語聴覚士には性格が悪い人が多い?むかつくSTの特徴と対処法を紹介でまとめました。

言語聴覚士は頭が悪いといわれる理由

「言語聴覚士」とGoogleで検索しようとすると、「言語聴覚士 頭悪い」というサジェストが表示されるかと思います。

これは、検索者が言語聴覚士はなぜ頭が悪いのかを知りたい、もしくは言語聴覚士は頭が悪くてもなれるのか知りたいという意図があると思われます。

後者についてはすでにお話しした通りです。

言語聴覚士は頭が悪いと思われている理由は、以下の3つだと思われます。

  1. 専門学校卒でもいいから
  2. 国家試験が簡単だから
  3. 偏差値が低い大学卒でもなれるから

理学療法士と作業療法士も頭が悪いと思われているので、被っているのですが、それぞれ詳しく解説します。

1.専門学校卒でもいいから

すでにお話しした通りです。

言語聴覚士は入試がない専門学校(どんなバカでも入れる)卒業でもなれるため、社会に出たときに差がはっきりと現れます。

普通の会話が成立しなかったり、効率の悪いことばかりをしたりと、頭が悪いと思うことをしている人に専門卒が多いのです。

患者さんがスタッフに要望を伝えても、頭が悪いので理解できず、何度も同じことを聞いて激怒された例もあります。

2.国家試験が簡単だから

国家試験が簡単というお話もすでにした通りです。

暗記すればできる試験なので、だれでも合格できます。

国としては言語聴覚士などのリハビリ職は多ければ多いほどよいので、難しくできないのでしょう。

その結果、リハビリ職が増えすぎて給料が安くなっているのは、医療職の闇です。

詳しくはこちらもどうぞ。

理学療法士、作業療法士と言語聴覚士の置かれた状況は同じです。

関連記事

  理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の給料が安い理由はなんで? もっとお金を稼ぐためにはどうすればいい?   このような悩みを解決します。 この記事を書いている僕は、地方の回復期病院(200床)で人事をして[…]

3.偏差値が低い大学卒でもなれるから

大学は入試に合格しなければなりませんが、名前をかければ入れる大学もあります。

そのような医療系学部卒の人であっても、国家試験に合格さえすれば言語聴覚士にはなれてしまうのです。

人口比率からしても、頭が悪い人の方が圧倒的に多いので、必然的に頭が悪い言語聴覚士が多くなります。

言語聴覚士は頭が悪いの?

言語聴覚士はみんな頭が悪いのか?という話になりますが、決してそうではありません。

偏差値が低い大学だの、入試すらない専門学校だの、偉そうなことをいってきましたが、勉強ができる=頭が良いというわけではありません。

勉強してこなかっただけで頭が良い人は言語聴覚士に限らずいますし、勉強ができる=頭が良いわけではないですからね。

現役の言語聴覚士に聞いたうえで、人事情報をもっている私の結論としては、言語聴覚士で頭が悪い人はそこまで多くないということです。

頭が良い人は多くありませんが、頭が悪すぎて仕事にならないような人もいません。

普通な人がほとんどです。

言語聴覚士=頭が悪いと思っている人がいたとしたら、その人の頭が悪いだけなので気にする必要はないでしょう。

バカは正しく己の力量を測れない、自分が馬鹿だと気づけないからバカなのです。

言語聴覚士は頭が悪くても稼げる?【将来性は?】

言語聴覚士は頭が悪い人でもなれますし、医療系国家資格なので給料も保証されています。

つまり、言語聴覚士になれれば頭が悪い人でも安定して稼げるといえるでしょう。

将来性については、理学療法士、作業療法士とともに将来性があります。

高齢者が増える分、リハビリ職も増やさなければなりませんからね。

ただ、注意点があります。

給料は全く上がらないし、基本的に激務という点です。

どんなにスキルを高めようと、どんなに有能人材になろうと給料は全くあがりません。

給料に不満で、将来に不安があるならば転職しなければならないでしょう。

言語聴覚士におすすめの転職サイト・転職エージェントを以下にまとめたので、転職に興味があればご覧ください。

関連記事

私はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への一度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。[…]

まとめ

言語聴覚士は頭が悪い人でもなれるというテーマでまとめましたが、いかがでしたか?

少子高齢化とともに、言語聴覚士や理学療法士、作業療法士の需要は高まっています。

給料や業務内容に不満があるかもしれませんが、その代わりに安定が保証されているのがリハビリ職の特徴です。

給料を増やしたいなら、転職か副業しかありません。

転職に興味があって、とりあえず求人を見たい人は、以下の記事をご覧ください。

人事経験をもとに、本当に役立つリハビリ職専門の転職サイト・転職エージェントをまとめました。

関連記事

私はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への一度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。[…]

>>>理学療法士・作業療法士・言語聴覚士におすすめの転職サイト・エージェント

Twitterでは気ままに呟いてます