当サイトは、回復期病院の元人事が運営しているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の悩み解決に特化したサイトです。
言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐ方法と現実的な収入の増やし方

言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐ方法と現実的な収入の増やし方

言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐ方法と現実的な収入の増やし方

言語聴覚士が年収800万円以上も稼げるようになるの?具体的な方法は?
20代の言語聴覚士でも年収800万円~900万円以上の高収入になれる?とにかくお金を稼ぎたい!

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

言語聴覚士で年収800万円~900万円ときくと、夢のようだと思われるかもしれません。

言語聴覚士はやめとけ?STの現実と本音からやめたほうがいい理由を解説でまとめていますが、言語聴覚士は中々に厳しい状況ですからね。

結論、言語聴覚士が年収800万円以上になることはできます。

ただし、簡単ではありません。

また、20代や30代といった、子育てなどでお金がかかる世代で年収800万円越えは厳しいでしょう。

しかし、20代の若手であっても、言語聴覚士なら年収500万円~600万円は現実的に狙えます。

本記事では、言語聴覚士が年収500万円に至る方法と、そこから年収800万円~900万円以上になる流れや注意点を解説します。

収入を少しでも増やしたい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

本当に、年収500万円までなら誰でもいけますから。

言語聴覚士が年収800万円~900万円稼ぐのは難しい

はじめに、言語聴覚士が年収800万円以上稼ぐことは難しいとお伝えしておきます。

理由は大きく、2つです。

  1. 給料が増える見込みがない
  2. 言語聴覚士の年収の限界が800万円ほど

求人サイト大手の求人ボックスによると、言語聴覚士の平均年収は353万円です。

2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」によれば、現在の日本人の平均年収は約430万円なので、大きく下回っていますね。

 

 

また、年収800万円との差は「347万円」と、倍近く離れています。

この数字からも、言語聴覚士が年収800万円になる難しさが伝わると思いますが、現実はもっと残酷です。

なぜなら、今後はさらに給料が低くなる可能性が高いから。

詳細は、言語聴覚士の給料は上がる見込み?【収入を増やす方法5選】でまとめていますが、少子高齢化が最大の要因ですね。

相次ぐ医療保険の改悪によって、リハビリ職の給与があげられないのです。

高齢化はどんどん進むので、年収800万円を超えるなら、今が一番簡単な時期ともいえます。

ゆん
2つ目の理由が、言語聴覚士の年収の限界値が800万円だからです

 

言語聴覚士として普通に働いた場合、年収の最大化ができたとしても約800万円までということです。

つまり、ほとんどの言語聴覚士は、ここにたどり着けません。

なぜなら、役職に就かないといけないから。

役職に就けるのはひとりだけですからね。

もちろん、起業したり大学教授になったりすれば言語聴覚士でも年収1000万円は超えます。

しかし、その方法は現実的ではないですよね。

そのため、下記2つの理由で言語聴覚士が年収800万円越えは難しいと言えます。

  1. 給料が増える見込みがない
  2. 言語聴覚士の年収の限界が800万円ほど

 

ゆん
つまり、「無理ってことやん…」って思いましたか?

 

ご安心ください。

言語聴覚士なら、訪問リハビリテーションに転職するだけで、年収700万円は狙えます。

そして、そこから先は副業と投資でカバーすれば、年収800万円の壁を越えられるのです。

簡単ではありませんが、30代の言語聴覚士でも年収800万円以上になれますよ。

言語聴覚士が年収800万円~900万円以上稼ぐ方法

言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐ方法は下記の4つです。

  1. 訪問リハビリに転職する
  2. 起業(開業)する
  3. 大学教授・准教授
  4. 海外で働く

どれも簡単ではありませんが、実際に上記の方法で言語聴覚士年収800万円を超えている人がいるのでご紹介しました。

それでは、1つずつ解説しますね。

1:訪問リハビリに転職する

1つ目の方法が訪問リハビリに転職することです。

なぜなら、インセンティブ制度があるから。

インセンティブ制度とは、歩合制のようなものでして、やればやっただけ給料が増える仕組みのことです。

仮に、下記の条件だとします。

  • 1件5000円
  • 50件以降インセンティブ発生

訪問件数が月に100件だった場合、51件目からインセンティブとして5000円×50件=25万円が給与に上乗せされます。

もとの給与が月30万円なら、月収55万円になります。

この時点で、ボーナス抜きで年収660万円ですね。

経験年数(年齢)やスキル、実績に関係なく年収アップできるのが訪問リハビリです。

20代であっても、やる気があれば年収500万円~650万円はいけます。

ゆん
ただ、訪問リハビリだけで年収800万円越えは難しいです

 

インセンティブがあるといっても、回れる件数に限界がありますからね。

よって、訪問リハビリ×副業or投資をおすすめします。

イメージとしては、下記の通りです。

  • 本業の訪問リハビリ→年収600万円~650万円
  • 副業→50万円~100万円
  • 投資→50万円~100万円

上記を見て「夢物語みたい」と思う方もいるでしょうが、言語聴覚士が年収800万円以上になるならこのくらいはできて当然です。

難しいと思うのは、実際にやっていないから。

ゆん
僕は25歳の時点で、副業・投資それぞれ合わせて年収300万円は超えています

 

言語聴覚士の副業と投資については、言語聴覚士におすすめの副業10選!【ST資格を活かす&在宅副業】でまとめているので参考にしてください。

やればできるものですよ。

2:起業(開業)する

言語聴覚士が年収800万円を超えるなら、起業という方法もあります。

年収1000万円以上も夢ではないでしょう。

近年では、デイサービスの介護保険を利用した方が安定して収益を得られるため、デイサービスで開業する言語聴覚士が多いです。

注意点は、リスクが大きいこと。

起業には倒産のリスクがあるので生半可な覚悟で始めるのは避けるべきです。

とはいえ、成功してしまえば年収1000万円どころか、2000万円以上も目指せるのは魅力ですね。

参考:言語聴覚士がお金持ちになる方法と具体的な稼ぎ方

3:大学教授・准教授

大学教授になることでも、年収900万円~1000万円以上を狙えます。

2019年度版の賃金構造基本統計調査によると、大学教授の平均年収は約1,100万円です。

また、准教授の平均年収は872万円となっており、高収入が狙えます。

言語聴覚士として働くのではなく、大学という教育機関で働き、研究や講義などがメイン業務になるでしょう。

懸念点は、教授・准教授になるまではハードルが高いこと。

研究結果や博士課程の修了がマストなので、かなり難しいです。

ある意味、起業よりも難しいので、現実的とは言えませんね。

4:海外で働く

海外で働くことでも、年収800万円以上を目指せます。

なぜなら、海外の方が日本よりコメディカルが重視されているから。

日本ではリハビリ職や看護師の立場が弱めですが、海外では医師に意見できるほどです。

もちろん、給与も高く、アメリカでは日本の3倍・4倍稼げると言われています。

ただ、現地で資格を取得する必要があったり、言葉を学ぶ必要があったりします。

経済が弱っていく日本より、海外で働いた方が稼げるので、合理的な判断かもしれませんね。

ゆん
以上4つが、年収800万円以上になれる方法です

 

言語聴覚士が年収1000万円越えになる方法は、言語聴覚士は年収1000万稼げる?STの収入アップ手段と注意点でまとめているので参考にしてください。

関連記事

言語聴覚士(ST)は年収1000万円も稼げるの? 言語聴覚士が年収1000万円を目指すならどうすればいい? このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   言語聴覚士として年収1000万[…]

言語聴覚士は年収1000万稼げる?STの収入アップ手段と注意点

言語聴覚士で年収800万円~900万円は、年収500万円の先にある

言語聴覚士が年収800万円を超える方法を4つご紹介しました。

ぶっちゃけ、かなり厳しそうで、現実的ではないと感じませんでしたか?

その感覚、正しいです。

なぜなら、現状との乖離が激しすぎると、脳が拒否反応を起こすのは当然だから。

100mを15秒で走る人に、明日までに10秒で走れといっても無理ですよね。

そうではなく、14秒で走れと言われたなら、いける気がするでしょう。

これと同じです。

年収800万円をいきなり目指すのではなく、段階的に近づいていきましょう。

言語聴覚士の病院以外の就職先は?STの資格を活かした仕事一覧で解説していますが、67%の言語聴覚士は病院で働いています。

つまり、ほとんどのSTは収入が400万円~450万円程度だと思われます。

いきなり年収800万円といわれても無理だと思って当然なのです。

ではどうするのかというと、段階的に年収を増やしていくことがポイントになります。

年収400万円の人は、年収450万円を目標に。

450万円の人は、500万円を目標に、といった具合です。

ゆん
年収500万円なら、訪問リハビリに転職するだけで達成できるので、第1目標は年収500万円をおすすめします

 

 

言語聴覚士が年収500万円~600万円になる方法の詳細は、言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法を参考にしてください。

20代でも年収500万円を超えられるのが、訪問リハビリです。

関連記事

言語聴覚士で年収500万円が簡単ってどういうこと?私、全然届いてないんだけど… 言語聴覚士が収入を上げる方法はないの?効率的な方法が知りたい… このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   […]

言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法

転職以外で言語聴覚士が年収(手取り)を増やせる現実的な方法3選

ここでは、転職以外で言語聴覚士が年収を増やせる現実的な方法を3つご紹介します。

おまけなので、サクッと行きますね。

  1. 年収アップ方法①:副業
  2. 年収アップ方法②:投資
  3. 年収アップ方法③:節税

1つずつ解説します。

年収アップ方法①:副業

1つ目の方法が副業です。

本業では足りない額を補うイメージですね。

言語聴覚士の資格を活かせるので、効率よく稼げるでしょう。

具体的には下記が人気です。

  1. デイケア・デイサービスの機能訓練非常勤アルバイト
  2. 訪問リハビリの非常勤アルバイト
  3. 介護施設の非常勤アルバイト
  4. 児童発達支援のアルバイト

STの資格が必要なので、時給は高い傾向にあります。

土日のみでもやれる求人があるので、ぜひチェックしてみてください。

無料で登録すれば、非公開求人が見れます↓

非常勤求人に強いサービス

  • PT・OT・ST WORKER
  • 非常勤の求人数は8,348件で業界No.1。
  • 首都圏はもちろん、地方向け求人数も豊富。
  • PT/OT人材バンク
  • 早く副業先を決めたい人におすすめ。
  • 総求人数は業界第2位で、年間11,000人以上が利用している。
  • メドフィット リハ求人.com
  • 人間関係で転職を決意した人におすすめ。
  • 施設の人間関係や評判など、職場のリアルな内部情報が豊富。

年収アップ方法②:投資

2つ目の方法が投資です。

いきなり株やFXを自分でトレードできればベストですが、なかなかそうもいかないと思います。

そこで、iDeCoやNISA、積み立てNISAなどの、初心者向けの投資を活用してほしいです。

ゆん
「投資」と聞くだけで「ずるい」「卑怯」「汚い」とか言う人もいますが、これからの時代は投資が当たりまえになります

 

その証拠が政府が急いで導入して、国民に強く推奨しているiDeCoやNISAといった非課税枠がある投資制度です。

政府が推奨しているのは、年金の保証ができないから。

自分の生活費は自分で稼いでね?でも老後は仕事がないだろうから、投資しかできないよね?それなら早めにやって稼げるようになってね?ということです。

「投資」が「ずるい」「卑怯」「汚い」とか言っている人は、完全に時代遅れで無知をさらけ出しています。

投資は勉強すれば稼げるので、食わず嫌いせずにやってみることをおすすめします。

年収アップ方法③:節税

3つ目が節税です。

年収が増えるというより、手取りが増える方法ですね。

  • iDeCo
  • NISA
  • ふるさと納税

この辺りはやっておくことをおすすめします。

節税は知っているだけで得するので、YouTubeや本で勉強してみてください。

ゆん
副業でも経費が落ちるので、節税できますよ

 

言語聴覚士が年収800万円~900万円稼ぐための注意点

言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐためには、知っておくべき注意点があるのでご紹介します。

少なくとも頭に入れておけば得するので、流し読みだけでもしておいてください。

  1. 注意点①:昇給昇進には期待しないこと
  2. 注意点②:無駄遣いしないこと
  3. 注意点③:マネーリテラシーを身につけること

1つずつ解説しますね。

注意点①:昇給昇進には期待しないこと

昇給昇進には期待しないほうがよいです。

なぜなら、言語聴覚士の給料はそう簡単に増えないから。

医療保険(診療報酬)の支配下にあるリハビリ職は、給料アップが絶望的な状況です。

収入を増やすなら、昇進には期待せずに転職や副業・投資で稼ぐ方が効率的といえます。

注意点②:無駄遣いしないこと

無駄遣いしないことも収入アップにつながります。

なぜなら、収入を増やすことより、無駄遣いをしないで支出を抑えることの方が簡単に手取りが増やせるから。

支出を見直して、不要な部分をカットすることをおすすめします。

  1. コンビニに行く頻度を減らす
  2. 自販機で買わない
  3. 弁当を持参する
  4. 水筒を持参する
  5. 自炊する

上記のように、簡単にできることから始めましょう。

5万円貯金するなら、月収を5万円増やすより、5万円節約するほうが簡単です。

収入を増やす努力と同時に、節約もしましょう。

ゆん
浪費・消費・投資の視点でお金を使うとわかりやすいですよ

 

注意点③:マネーリテラシーを身につけること

マネーリテラシー(金融知識)がない人は、すぐに勉強を始めましょう。

なぜなら、これからの時代はマネーリテラシーがないと生き残れないから。

税金の仕組みや投資の重要性などを知らないと、冗談抜きで生活できなくなります。

  1. 節税
  2. 投資
  3. 保険

上記3つは、最低限押さえておきたい部分です。

本屋さんに行けばいくらでも本がありますし、ユーチューブでもたくさん動画があるので、ぜひ勉強してください。

知識は力です。

まとめ:言語聴覚士で年収800万円~900万円は簡単ではないが、不可能でもない

言語聴覚士で年収800万円~900万円以上になる方法と注意点を解説しました。

言語聴覚士の平均年収や診療報酬の状況を見る限り、将来の見通しは明るくありません。

しかし、個人でできる対策はいくつかありますので、実践することで快適な生活を確保できるでしょう。

具体的には、下記の方法でしたね。

  1. 転職する(訪問リハビリ・大学教授・海外)
  2. 起業する
  3. 副業を始める
  4. 投資する
  5. 節税する

現実的な収入アップの方法は、訪問リハビリへの転職と副業・投資・節税です。

一番手っ取り早く収入を増やせるのは訪問リハビリへの転職ですが、そう簡単に転職できない人もいるでしょう。

その場合は、副業や投資といった、できることから始めることをおすすめします。

ゆん
行動するなら早めがよいです

 

 

なぜなら、現時点では行動している人が「増えつつある」状況だから。

今ならライバルが少ないんですよね。

言語聴覚士が年収800万円~900万円以上になるためには、転職することが必須。

訪問リハビリなど、好条件の求人は数が限られています。

つまり、ライバルが少なければ採用されやすいのでチャンスです。

今後は、生き残る言語聴覚士になるために転職する人が増えると予想されるので、早く行動しないと競争が激しくなるでしょう。

今すぐ動けないなら、情報収集だけでも始めることを強くおすすめします。

その時が来たら、すぐに動けるようにするために。

 

以下の記事では、効率よく情報収集・転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

言語聴覚士が年収800万~900万円稼ぐ方法と現実的な収入の増やし方
Twitterでは気ままに呟いてます