当サイトは、回復期病院の元人事が運営しているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の悩み解決に特化したサイトです。
言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法

言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法

言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法

言語聴覚士で年収500万円が簡単ってどういうこと?私、全然届いてないんだけど…
言語聴覚士が収入を上げる方法はないの?効率的な方法が知りたい…

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

言語聴覚士になって、年収の低さと昇給額の少なさに絶望している方は多いのではないでしょうか?

せっかく国試をパスして言語聴覚士になったのに、割に合わない!と不満になるのも当然だと思います。

ゆん
そんな方に、ぜひ知っていただきたいことがあるので本記事を執筆しました

 

言語聴覚士で年収500万円は、「行動」して「環境を変える」だけで、簡単に達成できるということです。

信じられないかもしれませんが、働く環境(職場)を変えるだけで、STなら年収500万円以上稼げるんですよ。

年収600万円以上となると、話が変わってきますけどね。

本記事では、言語聴覚士(ST)が年収500万円を稼ぐためにすべきことや注意点を解説します。

言語聴覚士として勝ち組になりたい方や、効率的に収入アップしたい方は、ぜひ最後まで御覧ください。

言語聴覚士(ST)で年収500万円超えが簡単な理由

言語聴覚士で年収500万円超えが簡単な理由は、転職すればいいからです。

STで年収500万円ほどなら、転職すれば到達できるんですよ。

ゆん
筆者は元人事です。リハビリ職の給与はだいたい把握しています

 

おそらく、本記事をご覧になっている方は、年収400万円ほどだと思います。

決して、皆様をけなすつもりも、ダメだと言うつもりもございません。

ただ、身をおいている環境(職場)が悪いせいで、年収が伸び悩んでいるからです。

ゆん
ご存知の通り、昇給も昇進も殆どないですよね

 

だから給料が増えないのです。

今の職場で頑張っても、昇給額は雀の涙程度。

つまり、今の職場で頑張れば頑張るほど損をします。

給料が上がらない理由は、言語聴覚士の給料が安い5つの理由【STはやめとけの根拠を暴露】でまとめているので参考にしてください。

それでもやっぱり、下記のように疑って当然です。

  • 「なんで簡単だと断言できるの?」
  • 「怪しくない?」

転職するだけで給料が上がるとか、普通に怪しいですからね。

しかし、筆者はそれでも言語聴覚士が年収500万円以上になることは簡単だと断言します。

根拠は、実際に転職して年収を100万円以上アップしてきた言語聴覚士達を見てきたからです。

ゆん
筆者いた病院は医療法人グループでして、法人間で転職することはよくありました

 

そのため、転職して年収500万円以上になった言語聴覚士たちを知っているのです。

それこそ、30代で年収500万円超えの人から、20代後半で年収550万円の人もいました。

では、彼らは病院からどこへ転職したのかというと、訪問リハビリステーションです。

訪問リハビリステーションが稼げる理由は後ほど解説しますが、訪問リハビリステーションでなら、20代の若手言語聴覚士でも、年収500万円以上が狙えます。

転職して、今までのように働くだけで年収が100万円以上アップするので、言語聴覚士で年収500万円は簡単と申し上げました。

現状の働き方は人それぞれで、職場環境もあると思いますが、新しい資格やスキルを身に着けなくても良いという意味で「簡単」なのです。

普通は、転職して年収が100万円以上アップするとなると、専門の資格や圧倒的な実績が必要ですからね。

希望年収に届かなければ、別で副業をして収入源を増やす手もあります。

まずは、働く環境を変えること。

言語聴覚士なら、転職という行動さえすれば、年収500万円に届きます。

言語聴覚士(ST)の平均年収は353万円で、年収500万円はすごい

ここでは、言語聴覚士の平均年収をチェックしましょう。

大手求人サイトの求人ボックスによると、言語聴覚士の平均年収は353万円となっています。

 

st salary

出典:求人ボックス(ST平均年収)

 

また、2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」によれば、現在の日本人の平均年収は約430万円です。

言語聴覚士の平均年収は、全体平均を大きく下回っていますね。

言語聴覚士で平均年収500万円というのは、日本全体で見てもすごいことがわかります。

ゆん
STは30代以下の若手が多いため、平均年収は低めに出る傾向にありますけどね

 

新人のうちは平均年収300万円を切ることもありますし…

現代社会において年収500万円というのは、20代においては0.7%ほどしかいないとされているほど希少な存在です。

現時点で言語聴覚士としての年収が300万円台、400万円台前半であっても、気落ちしないでください。

言語聴覚士は、年収を上げたければ転職すればいいだけという立場なのですから。

言語聴覚士(ST)が年収500万円稼ぐなら訪問リハビリがおすすめな理由

言語聴覚士が年収500万円稼ぐなら訪問リハビリステーションがオススメな理由は、インセンティブ制度があるためです。

インセンティブとは、歩合制のようなものをイメージしてください。

仮に、下記の条件だとします。

  • 1件5000円
  • 50件以降インセンティブ発生

訪問件数が月に100件だった場合、51件目からインセンティブとして5000円×50件=25万円が給与に上乗せされます。

もとの給与が月30万円なら、月収55万円になります。

この時点で、ボーナス抜きで年収660万円ですね。

訪問リハビリにはインセンティブが導入されているため、年収500万円以上稼げます。

ゆん
ただし、体力は使いますよ
より多くリハビリをするということですからね。
ですが、求められるスキルや経験は病院勤務と変わりません。
つまり、体力があってやる気があれば、誰でもSTで年収500万円は目指せるということです。
スキルや経験の問題ではないんですよね。

言語聴覚士として稼いでいる人とそうでない人の違いは、稼げる環境にいるか、いないかということなのです。

ゆん
ちなみに、言語聴覚士が年収500万円稼ぐなら、下記3つの職場が候補になります

 

 

求人サービスのPT・OT・ST WORKERを参考にしました。

  1. 訪問リハビリステーション
  2. リハビリ特化の通所介護
  3. 夕方診療を行っているクリニック

訪問リハビリ以外も候補ですが、専門スキルや経験が求められることが多いです。

年齢やスキルに関係なく稼げるという意味でも、訪問リハビリがおすすめですね。

参考:言語聴覚士の病院以外の就職先は?STの資格を活かした仕事一覧

言語聴覚士(ST)で年収500万円が視野に!転職以外で稼ぐ方法

言語聴覚士として年収500万円目指したい!だけど転職は難しい…という方もいますよね。

そんなときにおすすめの方法が下記の3つです。

  1. 貯蓄を投資に回す
  2. 副業を始める
  3. 節税する

上記すべてに取り組めば、転職なしでも年収450万円は難しくないでしょう。

1:貯蓄を投資に回す

1つ目の方法が貯蓄を投資に回すことです。

有名なのはiDeCoやNISA、FXですね。

岸田総理が「貯蓄から投資へ」と強調しているように、これからの時代は1億総投資時代になります。

投資でお金を増やすことが当たりまえの時代になるというわけですね。

ゆん
投資なら働かずにお金を増やせますし、定年も関係ないので将来の不安が減らせます

 

投資は早く始めれば始めるほど有利なので、できるだけ早めに始めることをおすすめします。

政府のサポートもいつまであるかわかりませんし。

ゆん
とりあえず投資がしたい方は、FXで良いかと思います

 

なぜなら、FXは少ない資金で始められるだけでなく、取引時間にも余裕があるから。

株は勤務時間中の取引が厳しいですが、FXなら勤務後に取引できます。

また、株の場合は最低でも50万円~100万円は必要ですが、FXなら1万円からでも始められるんですよね。

そのため、初心者には始めやすく取引しやすいFXをおすすめします。

注意点は、必ず余剰資金だけを投資することです。

余剰資金とは、仮になくなっても生活が困らないくらいのお金のこと。

生活資金を使ってしまうと、来月の家賃が厳しくなるので、絶対に余剰資金で投資してください。

ゆん
FXは、DMM FXが使いやすかったです

 

初心者向けのLINEサポートと24時間電話窓口があるので、初心者でも安心して利用できますよ。

口座開設は無料ですし、めんどうな書類郵送は一切ないので、スマホだけで完了します。

>>>FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

2:副業を始める

2つ目の方法が、副業を始めること。

収入源を複数持てるだけでなく、スキルが身につくことが最大のメリットです。

何かあったときの備え・安心にもなります。

言語聴覚士の副業候補は下記の通りです。

  1. 訪問リハビリの非常勤アルバイト
  2. デイケア・デイサービスの機能訓練非常勤アルバイト
  3. 介護施設の非常勤アルバイト
  4. 児童発達支援のアルバイト

もし、在宅で稼ぎたいという場合は、言語聴覚士におすすめの副業10選!【ST資格を活かす&在宅副業】を参考にしてください。

STが完全在宅で稼げる副業をまとめています。

3:節税する

3つ目が、お金の勉強をすることです。

この世には、知っているだけで得することがあります。

それがお金の知識であり、節税です。

ゆん
iDeCoやNISA、ふるさと納税は有名な節税手段ですよね

 

節税して年間数十万円浮かせることも、投資で自分が働かずにお金を稼ぐことも、無駄な保険に入らないことも、知ってさえいればできます。

多くの人は勉強していないために損をしているのです。

節税は本でもインターネットでも学べるので、積極的に勉強することをおすすめします。

参考:言語聴覚士が勝ち組になる8つの手段【年収500万円~1000万円への道】

言語聴覚士(ST)で年収500万円以上になるための注意点3つ

言語聴覚士で年収500万円以上になるためには、知っておくべき注意点があります。

  1. 注意点1:昇給・昇進には期待しないこと
  2. 注意点2:求人を常にチェックしておくこと
  3. 注意点3:行動を起こすこと

1つずつ解説しますね。

注意点1:昇給・昇進には期待しないこと

言語聴覚士として年収500万円になるためには、昇給昇進には期待しないでください。

なぜなら、時間がかかりすぎるし、役職手当はほとんどつかないから。

主任になるのは早くても10年です。

部長に至っては理学療法士科と作業療法士科も候補になるので、40代後半が最速でしょう。

また、せっかく役職につけても、手当はほとんどありません。

税金が増えて手取りが減るくらいです。

そのため、昇給昇進を期待して年収500万円を目指すことは避けるべきでしょう。

参考:言語聴覚士を辞めるタイミングとその後のプラン【円満退職のコツと注意点】

注意点2:求人を常にチェックしておくこと

転職でST年収500万円が現実的ですが、そのためには求人を常にチェックする必要があります。

なぜなら、好条件の求人はすぐになくなってしまうから。

条件が良いということはライバルも多いということです。

つまり、応募は早いものがちなので、常に求人を見ておく必要があります。

ゆん
とはいっても、常に求人チェックできるわけがないですよね

 

仕事にプライベート、子育てがある方もいるでしょう。

だからこそ、転職エージェントの利用が必須になります。

転職エージェントとは、「無料」で利用できる転職サービスのことです。

あなたの希望条件を伝えておくだけで、マッチした求人を探して教えてくれます。

そのため、働きながらの転職活動ができますし、自分でチェックしなくて済むのは非常に楽なんです。

今は転職する気がなくても、将来的に転職する気がある方は、早い段階での求人探しをおすすめします。

>>>PT・OT・ST WORKERで求人を見てみる

注意点3:行動を起こすこと

3つ目が、行動を起こすことです。

一番重要ですね。

なぜなら、99%の人は行動しないから。

言語聴覚士として年収500万円を超える方法を知っても、実際に行動するのは1%の人だけなんです。

行動しなければ始まらないので、知って終わりにしないようにしましょう。

将来のあなたが幸せになるための行動です。

ゆん
99%が行動しないので、行動すれば勝ちやすいですね

 

まとめ:言語聴覚士(ST)で年収500万円は職場を変えるだけでいける

言語聴覚士で年収500万円以上稼ぐ方法をご紹介しました。

結論、訪問リハビリに転職することが一番効率的な方法です。

インセンティブがあるので、やればやるほど稼げます。

場合によっては、言語聴覚士として年収600万円以上も目指せるでしょう。

ゆん
その分体力を使うので、ある程度のセーブは必要ですよ

 

また、好条件の求人はすぐになくなる(応募者が殺到する)ので、常にチェックしておくことをおすすめします。

繰り返しですが、言語聴覚士として年収500万円稼ぐことは、環境を変えるだけでいけるので「行動するか、しないか」です。

このまま行動せず、お金の不安と不満を抱えながら定年を迎えるのか。

周りが気づかないうちに行動して希望通りの人生を送るのかは、ああた次第です。

 

以下の記事では、効率よく情報収集・転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

ゆん
転職が一番効率的ですが、そう簡単に転職できない方もいますよね

 

そういうときは、副業×投資がおすすめです。

ノーリスクで収入が増えますからね。

一番ダメなのは、行動しないことです。

できることから始めましょう!

ゆん
副業が気になる方は、ブログから始めるとよいですよ~

 

初期費用が激安(1000円~)で、失敗したときのリスクが低いのに、収入に上限がない(月収500万円もいける)ためです。

向いていなければやめればいいので、まずは行動しましょう!

参考:言語聴覚士に副業ブログはおすすめ?メリット・デメリットを解説

関連記事

言語聴覚士が副業でブログをするのはおすすめ?稼げますか? 言語聴覚士が副業でブログを始めるメリット・デメリットや注意点が知りたい 言語聴覚士にブログ以外でおすすめの副業はある? このような悩みを解決します。 言語聴覚[…]

言語聴覚士に副業ブログはおすすめ?メリット・デメリットを解説

 

皆さんのお役に立てたことを祈っております。

今回は以上です。

 

言語聴覚士で年収500万円は簡単!STが効率的に稼ぐ方法
Twitterでは気ままに呟いてます