当サイトは、回復期病院の元人事が運営しているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の悩み解決に特化したサイトです。

理学療法士を1年目で辞めたい…【安心して辞めてよい3つの理由】

理学療法士(PT)になったけど辛い…新卒1年目でも辞めていいのかな…
理学療法士の将来性が不安。辞めても次の就職に影響しない?すんなり転職できるものなの?
自分は理学療法士に向いてない。1年目で辞める理学療法士は実際にいるの?

このような悩みを持つ人に向けた記事を書きました。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

今回は、「新卒1年目の理学療法士(PT)が辞めたいなら、安心して辞めていいんだよ」というテーマです。

私は病院で人事の仕事をしていますが、年に数人は新卒1年目で理学療法士を辞めたいという相談を受けます。

本記事を読むことで、PTを1年目で辞めるリスクや辞めたほうがいい人や、1年目でも安心して辞められる理由がわかるでしょう。

理学療法士を1年目で辞めたいと思うのは無理もない

理学療法士を1年目で辞めたいと思うのは、全然だめじゃないです。

なぜなら、社会人1年目はただでさえ辛いのに、理学療法士の仕事は特に大変だから。

  • 職場環境になれる
  • 患者さん対応
  • 上司との関係性維持
  • 飲み会
  • 勉強会
  • 研修(自腹・半強制)

上記のように、1年目はとにかくやることが多いですよね。

慣れていない環境で働くだけでも大変なのに、あの業務量と給与の少なさでは、「やめたい…」と思い詰めるのも無理ありません。

ゆん
辛いのはあなただけではありません。あなたがおかしいのではないんですよ

 

人によって、耐えられるキャパシティは違います。

向いている職場や職種も違います。

「辛い・辞めたい」と思ったら、逃げていいんです。

心の叫びを無視すると、うつ病や適応障害、不安障害、パニック障害といった、治療に時間がかかる病気になってしまうリスクもあります。

ゆん
そもそも、理学療法士になった方は、他の職種を経験せずにPTになっていますよね

 

つまり、理学療法士に適性がない可能性は十分あるわけです。

理学療法士を1年目で辞めたいと思っているあなたが変なわけではないので、安心してくださいね。

「理学療法士はやめとけ」と言われる理由と現役PTの見解を解説でもまとめていますが、理学療法士は楽ではありません。

その証拠として、実際に理学療法士になったはいいものの、理想と現実のギャップにやられて心が疲れる新人さんは多いです。

3年目で悩みを相談してくる人もいますし、上司のパワハラに耐えられず、ある日突然来なくなる人もいます。

なにもいわずに、デスクに退職願だけおいていくような強者もいるので、辞めたいと悩むだけえらいですよ。

これから50年近く働くわけですから、ここで無理をするのではなく、自分に合った仕事を見つけるほうが大事でしょう。

関連記事

「理学療法士(PT)はやめとけ」といわれる理由は? 現役の理学療法士はどう思っているの?PTに将来性はないの? これから理学療法士を目指す人はやめておいたほうがいい? このような悩みを解決します。 ゆん この記事を書い[…]

理学療法士はやめとけと言われる理由

理学療法士を1年目で安心して辞めてよい3つの理由

ここでは、なぜ理学療法士を1年目で「安心して」辞めてよいのかという話をします。

理由は以下の3つです。

  1. 転職しやすいから
  2. 転職に失敗しても復帰しやすいから
  3. 経験がある若手は、どこの病院もほしがるから

それぞれ詳しく見ていきます。

1.転職しやすいから

理学療法士は転職しやすいのが強みです。

あまり大声ではいいたくありませんが、医療系国家資格はどこにいっても需要が尽きません。

病院でダメならクリニックや整体院、ジムでもインストラクターとして働けます。

もちろん、老健や訪問リハとしても需要しかないです。

今の環境がクソだとしても、あなたに適した環境はすぐに見つかるでしょう。

ゆん
ただ、優良求人はすぐになくなるので、早めに行動したほうがよいですね

 

2.転職に失敗しても復帰しやすいから

理学療法士や作業療法士といったリハビリ職は、転職に失敗しても復帰しやすいという強みがあります。

PT→一般企業→PTや、職場AでPT→職場BでPTという流れで転職したとしても、元の職場に戻れる可能性が高いということです。

一般職だと、出戻りが歓迎されるのは一部の有能(社畜)だけなので、出戻りはPTの特権といえます。

低リスクでキャリアアップにチャレンジできることは、PT最大のメリットでしょう。

3.経験がある若手は、どこの病院もほしがるから

1年目で辞めたからといって、転職の際に不採用の理由にはならないので、1年目でも安心してPTをやめてよいです。

人事として退職理由は聞きますが、人間性が疑われる場合以外は問題視しませんよ。

むしろ、一定の経験がある若手は即戦力なので、採用させてほしいくらいです。

0から鍛えるのではコストがかかりますが、ある程度経験のある若手は、まさに企業が求める人材ですからね。

ゆん
PTが向いていないと思った人は、一般職への転職もアリですよ。

 

なぜなら、一般職を経験することで、本当にPTが向いていないのかわかるから。

PTしか経験していないのに、PTが向いているとか向いていないとか、わかるはずないですよね。

また、一般職を経験しているPTは希少価値があるので、「やっぱりPTがいい!」と出戻りしたいときにも優遇されます。

自分の価値を高めるために、1年程度一般職を経験する人がいるくらいですからね。

理学療法士を1年目でやめたい…知っておくべき国の制度と注意点

理学療法士を1年目でやめたいと悩んでいるあなたは、相当辛い状況にあるのだとお察しします。

1年目で辞めるという事実に不安になったり、うまく転職できるのか心配になるのも無理ありませんが、新卒1年目だからこそ優遇される国の制度があるのでご紹介します。

ゆん
勘違いしやすい注意点もあるので、必ず読んでほしいです

 

特定求職者雇用開発助成金のおかげで転職がしやすい

日本には、特定求職者雇用開発助成金という、雇った人(企業)がもらえる補助金制度があります。

自分がもらえるわけではありませんが、雇う側としても新卒1年目を雇用するメリットがあるというわけです。

この制度のお陰で1年目でやめた理学療法士であっても、より転職しやすくなっています。

詳細は、厚生労働省が公開している「令和4年度雇用・労働分野の助成金のご案内」をご確認ください。

ゆん
企業がすることなので、読まなくてもOKです。かなり長いし…

 

【注意】失業手当(失業保険)は1年以内で退職すると出ない

仕事を辞めると「失業手当」がもらえるというのは、1年以上勤務した人に限ります。

そのため、1年目で辞めるとなると、失業手当はもらえないので注意してください。

失業手当をもらえる条件は、「離職前の2年間に雇用保険に通算12ヶ月以上加入していること」だからです

よって、1年以内で退職する場合は、次の転職先が決まってからにしたほうがよいでしょう。

ゆん
転職先を探すのは早いほうが良いですね

 

新人の理学療法士が1年目で辞めたくなる理由

ここでは、1年目の理学療法士が仕事を辞めたくなる理由を4つご紹介します。

1年目PTが辞めたくなる理由

  1. 給料が安い
  2. 業務量が多い
  3. 休日も仕事
  4. 人間関係が無理

1つずつ見ていきます。

1.給料が安い

給料の安さに幻滅して、理学療法士を1年目で辞める新人は毎年のようにいます。

ぶっちゃけ、理学療法士(リハビリ職)の給料があがることはないので、正解ですね。

なぜなら、診療報酬は年々改悪されていくのに、PT/OT/STの数は増えているから。

しかも、業務量は増えていくので、やってられないと思うのも無理ないでしょう。

PTが給料を上げる方法は、理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法も紹介】でまとめているので参考にしてください。

2.業務量が多い

理学療法士は、リハビリ以外の業務が多すぎることも、1年目で辞めたくなる理由です。

1年目の時点で雑用が多いのに、2年目なんてやってられないと思うのでしょう。

  1. 症例発表
  2. 買い出し
  3. カルテ記載
  4. 学会参加
  5. 学生実習担当
  6. 委員会参加 など

リハビリ以外の業務とは、上記のことですね。

リハビリ以外の業務が増え続けているせいで、サービス残業を強いられている人も多いのが現場です。

3.休日も仕事

理学療法士(リハビリ職)は、休日を返上して学会に参加したり、発表用資料を作ったりしなければなりません。

特に学会は不定期で開催されているので、シフトに入っていない人が行かされがちです。

しかも、自腹ですよ。

学会は任意ではあるものの、実質強制なので、1年目のうちは月1程度で学会だと思った方が良いでしょう。

新卒1年目は、慣れないことだらけで疲れやすいのに、休みも取れないなんて最悪ですよね。

4.人間関係が無理

上司との関係や、同僚とのかかわりが無理でPTを辞める人もいます。

なぜなら、リハビリ職は完全年功序列制であり、周りと同じことをしないと説教されるから。

休むとかありえない!休日は勉強会!毎日飲み会!などと、平気で新人にいっているアホはPTに多いです。

だから1年目で新人PTが辞めていくのでしょうね…

自分の価値を高めるために、1年程度一般職を経験する人がいるくらいですからね。

実際に理学療法士を1年目で辞める人はどれくらい?【年間5名ほどです】

ここでは、実際に理学療法士を1年目で辞める人がどのくらいいるのか、当院の状況をもとにお伝えします。

グループ全体で、新卒の理学療法士を毎年50名ほど採用していますが、理学療法士1年目の新人さん50名中、5名は1年目で辞める傾向です。

  • 1か月未満で辞める人→1名
  • 3か月で辞める人→2名
  • 1年で辞める人→2名

誤差はありますが、毎年こんな感じです。

1か月未満で辞める新人PTは、1週間未満で退職する人が多いですね。

研修にはフル参加なのに、いざ働くとなったとたん、現実を理解するようです。

3か月で辞める新人PTには、残業の多さや人間関係のめんどくささに心がやられてしまったケースが多く見られます。

【現役PTに聞いた】理学療法士の仕事は辛い?大変といわれる6つの理由で解説していますが、リハビリ職の給料は安いのに激務なので、辞めたくなるのも無理ないでしょう。

1年やって辞める新人PTは、PTは続けるけど給料が安いから職場を変える人が多い印象です。

将来を考えて一般企業に行く1年目の新人さんもいましたが、高学歴で優秀な人でした。

理学療法士を1年目で辞めたほうがいい人【人事目線で解説】

ここでは、理学療法士を1年目で辞めたほうがいい人を紹介しますね。

辞めるといっても、理学療法士そのものを辞めるパターンと、今の職場を辞めるだけでPTは続けるパターンがあります。

こういう人は辞めたほうがいいのでは?というイメージなので、鵜吞みにしないようにご注意ください。

理学療法士を1年目で辞めたほうがいい人

  1. ストレスで心身に異常が出ている人
  2. 人間関係が本当に無理な人
  3. 理学療法士(PT)にこだわりがない人
  4. 給料がもっと欲しい人

1.ストレスで心身に異常が出ている人

理学療法士の仕事が嫌すぎて、ストレスで心身に異常が出ている人は、すぐに辞めてください。

いや、すぐに辞めなさい。

PTは完全に向いていないので、即日退職しましょう。

仕事に命を懸ける必要なんかないので、だれが何を言おうと辞めていいんです。

自分の命と仕事、どちらが大事ですか?

人生どうとでもなります。

ゆん
退職願を出しに行くことが辛いなら、退職代行を使えば解決です。

 

退職代行を使えば、一度も職場に行かずに仕事を辞められます。

  • 退職代行ガーディアン
    5.0

    ①東京都労働委員会に認証された、法適合の合同労働組合が運営する退職代行サービス。
    ②法適合の合同労働組合なので、本来は弁護士しか対応できない未払い賃金や退職金などの交渉も可能。
    ③民間企業が提供する退職代行サービスと同程度の安い料金で、弁護士事務所レベルの確実性と専門性を備えたサービスを提供。
    ④一般的な相場で、確実性と信頼性を求める方におすすめの退職代行サービス。

    料金

    29,800円(税込)。

    対象地域

    全国。LINE・メールで気軽に相談できる。

    営業日

    24時間。年中無休。

    追加料金

    一切なし。

    ↓↓無料相談はこちら↓↓

    退職代行ガーディアン

  • 弁護士法人みやびの退職代行サービス
    5.0

    ①法律のプロである弁護士が直接対応してくれるので、「安心感」「確実性」「信頼性」が高い退職代行サービス。
    ②弁護士が交渉するのでブラック企業相手に強く、損害賠償請求も可能。
    ③LINEやメールで24時間無料相談できる。
    ④労働組合や一般の代行会社では対応できない、未払い賃金や退職金、有休消化などの交渉が必要な場合におすすめ。

    料金

    55,000円(税込)。

    対象地域

    全国。LINE・メールで気軽に相談できる。

    営業日

    24時間。年中無休。

    追加料金

    あり(未払い残業代/退職金は回収額の20%)。

    ↓↓無料相談はこちら↓↓

    弁護士法人みやびの退職代行サービス

  • 退職代行Jobs
    4.0

    ①株式会社アイリスが運営する民間の退職代行サービス。
    ②顧問弁護士はセラピストの資格も持っているので、心理カウンセリングを無料で受けることができる。
    ③退職代行Jobsと提携している人材紹介会社を利用して転職をすると、最大で3万円のお祝い金がもらえるので、実質無料で利用可能。
    ④可能な限り即日即時対応を心がけているため、今日明日にでも会社を辞めたいという人におすすめの退職代行サービス。

    料金

    【今だけ!】26,000円(税込)。

    対象地域

    全国。LINE・メールで気軽に相談できる。

    営業日

    24時間(am1:00~6:00は自動応答対応。翌朝に返事がある)。

    追加料金

    あり(2,000円~)。

    ↓↓無料相談はこちら↓↓

    退職代行Jobsが提供するサービスの案内

2.人間関係が本当に無理な人

上司が無理な人は、まず人事に相談してください。

何も対処してもらえないorしてもらえたけど効果がない場合、そんな職場はすぐに辞めましょう。

あなたが我慢させられる必要なんてありません。

PTはどこでも需要があるので、他の職場にいけばいいだけです。

3.理学療法士(PT)にこだわりがない人

理学療法士にこだわりがない人は、PTそのものを辞めて一般企業への転職を考えたほうがよいでしょう。

リハビリ職特有のうざったい上下関係がなくなりますし、将来の選択肢も増えます。

しかも給料が高くなる可能性が高く、サービス残業からも解放されるでしょう。

転職のプロである転職エージェント(無料利用可能)に任せておけば、優良案件を紹介してくれるはずです。

不安に思うかもしれませんが、今の環境を変えるには行動するしかありません。

我慢し続ける人生か、行動して幸せをつかむかはあなた次第です。

4.給料がもっと欲しい人

給料に不満がある人も理学療法士を辞めて転職するか、副業するしかないです。

PTやOTといったリハビリ職の給料が上がる見込みはありません。

どんなに実力がある人でも、まったくスキルのない人でも給料が変わらないシステムだからです。

ぶっちゃけ、同じ職場で働くメリットがないんですよね。

そのため、安定して収入を増やしたい方は、1年目であっても転職・副業することをおすすめします。

給料を増やす方法は、理学療法士が金持ちになる方法を大公開【稼ぎ方とロードマップ】を参考にしてください。

年収500万円くらいなら、20代でも到達できます。

関連記事

昇給がほとんどない理学療法士がお金持ちになる方法なんてあるの?具体的にはどうすればいい? 理学療法士だけど給料が安すぎる!稼げる方法が知りたい! このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]  […]

理学療法士がお金持ちになるまでのロードマップを大公開

理学療法士を1年目で辞めるなら一般企業や病院以外への転職も検討しよう

ここでは、「理学療法士を1年目でやめるなら一般企業や病院以外への転職もおすすめですよ」という話をします。

こう言い切れる理由は以下の3つです。

  1. 転職に失敗してもやり直せるから
  2. 一般企業での経験があるPTは重宝されるから
  3. 病院以外なら労働環境が一新される可能性が高いから

①と②については冒頭で説明した通りです。

個人的には、「②一般企業での経験があるPTは重宝されるから」が、一般企業への転職をすすめる最大の理由です。

詳細は、理学療法士が一般企業に転職するのはアリ!転職前に知っておきたい注意点でまとめていますが、一般職の方が向いているとわかれば続ければいいし、PTが向いているとわかれば出戻りすればいいだけですからね。

一般企業を少しでも経験すれば、将来の選択肢も大きく広がるでしょう。

③に関しては、病院は給与が安いだけでなく、人間関係がこじれやすいためです。

理学療法士の資格を活かした仕事一覧【病院以外の就職先】でまとめていますが、病院で働く理学療法士は55.6%であり、44.4%は病院以外で働いています。

そう、病院に人員が集中しているんですよね。

そのため、変な人が多くなるし、給料も上がらないのです。

病院以外を職場にすることで、人間関係で無駄に悩むことも、給料の安さで不安になることもなくなるかもしれません。

転職するなら、一般企業や病院以外の職場も検討することをおすすめします。

理学療法士を辞めるタイミングは?1年目ならいつがベスト?

1年目だと、どのタイミングで辞めていいのか悩むと思います。

結論からいうと、1年目の理学療法士が辞めるタイミングでベストなのは「自分が辞めたいと思ったとき」です。

なぜなら、1年目の理学療法士を欲しがる企業は腐るほどあるから。

今の職場が嫌ならサクッと辞めていいですし、むしろそっちの方が働きやすいでしょう。

ゆん
「なんですぐ辞めたの?」って聞かれそうで不安かもしれませんが、そこも問題ないですよ。

 

実力を発揮できる職場を探しているだけですので、正直にいえば全く問題ないです。

人間関係で退職したい場合も同様ですね。

1年目の理学療法士を求める企業はたくさんあるので、今の職場で無理する必要はありません。

関連記事

理学療法士を辞めるならいつがいい?ベストなタイミングは? 理学療法士が転職するなら最適なタイミングはいつ? このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   理学療法士を辞めるならどのタイ[…]

理学療法士を辞めるタイミングは?ベストな時期と円満退職のコツ

>>>理学療法士を辞めるタイミングは?ベストな時期と円満退職のコツ

理学療法士を1年目で辞めるなら、情報収集だけはすぐに始めよう

理学療法士を1年目で辞めることには、何ら問題ありません。

しかし、行動はすぐにすべきです。

なぜなら、求人数には限りがあるから。

いくら1年目が転職に有利といっても、応募できる求人は有限です。

優良求人ほど早くなくなるので、行動が遅いと転職先が見つからない…なんてことになりかねません。

少なくとも情報収集だけはしておくことをおすすめします。

ゆん
情報収集は転職エージェントを活用すれば簡単にできます

 

転職エージェントとは、「無料」で利用できる転職サービスのことです。

無料登録することで、下記をサポートしてくれます。

  1. 求人探し
  2. 履歴書・職務経歴書の作成
  3. 非公開求人の紹介
  4. 面接日程の調整

働きながら転職できるようにサポートしてくれるのが、転職エージェントです。

転職未経験者は、転職の進め方や注意点、求人の探し方など、何1つ知りませんよね。

ぶっちゃけ、転職エージェントなしで転職活動するのは、初期装備でラスボスに挑むようなものなので、必ず活用することをおすすめします。

まとめ:理学療法士を1年目で辞めるのはアリ!戦略的撤退です

理学療法士(PT)を1年目で辞めてよい理由をまとめました。

一般企業への転職という選択肢もあるということを知っておくだけで心が楽になりますよ。

無理して頑張るのではなく、自分に向いている職種が見つかるといいですね。

また、「理学療法士を辞めたい…」と悩んでいる方であっても、職場を変えただけで「理学療法士でよかった!」となるケースもあります。

具体的には、下記の通り。

  • 職場の人間関係のせいでPTを辞めたい方
  • やりたいことができなくてPTを辞めたい方

上記のような方は、職場を変えるだけで改善される場合があるので、PTとして職場を変えることをおすすめします。

せっかくとった資格ですし、もったいないですもんね。

 

以下の記事では、効率よく情報収集・転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は、以上です。

 

Twitterでは気ままに呟いてます