当サイトは、リハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の転職に特化しています。リハビリ職の転職に関するお悩みを解決するためのメディアです。

理学療法士は何歳まで働ける?PTの定年と長く働くためにすべきこと

理学療法士は何歳まで働けるの?いつまで雇ってもらえる?
理学療法士として長く働くためには何をすればいい?

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

理学療法士は医療系専門職ですので、長く働けそうなイメージがありますよね。

結論からいうと、理学療法士は60歳~65歳まで働けます。

一般企業と基本的には同じですね。

本記事では、理学療法士の定年後の生活や、長く続けるためにすべきことを解説します。

理学療法士の将来が不安な方は、ぜひ最後までご覧ください。

理学療法士の何歳まで働ける?定年は?【結論:60歳~65歳】

結論からいうと、理学療法士は60歳~65歳まで働けます。

理学療法士の定年は、一般職と同じ60歳です。

ですが、企業によっては再雇用という形で65歳まで働ける仕組みがあります。

そのため、理学療法士は60歳から65歳まで働けるという結論です。

ゆん
ちなみに、PTの資格自体には定年はありませんよ

 

つまり、就職にこだわらなければ、理学療法士として65歳以降も働き続けることができます。

これは一般職にはない強みと言えるでしょう。

実際に理学療法士として活躍できるのは65歳までではない?理由を解説

理学療法士は65歳までは働けるということは前章でお伝えしました。

ですが、実際に理学療法士として活躍できるのは65歳までではないかもしれません。

理由は下記の3つです。

  1. 1:体力的に厳しいから
  2. 2:理学療法士は増えすぎているから
  3. 3:採用されるのは若手だから

1つずつ解説します。

1:体力的に厳しいから

理学療法士は体を動かす職種ですよね。

リハビリの過程で解除することもあり、体力がいります。

そのため、加齢による体力的な問題があるのです。

65歳までは再雇用で働ける仕組みがあったとしても、体力的な問題として、実際には65歳まで働けないかもしれません。

2:理学療法士は増えすぎているから

理学療法士は年々増え続けており、将来的には飽和するともいわれています。

厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会・理学療法士・作業療法士受給分科会」によると、理学療法士と作業療法士の供給数は、2040年に需要数の約1.5倍になるとされています。

つまり、企業が採用するなら若い世代を優先するので、定年を迎えたPTは厳しくなるというわけです。

ゆん
とはいっても、厳しくなるのは「普通のPT」だけです

 

「理学療法士はやめとけ」に反対できる3つの根拠を元人事が解説でも解説していますが、今のうちから対策をしておくことで、将来も生き残れるPTになれます。

3:採用されるのは若手だから

前項でお伝えした通りです。

体力が必要な理学療法士は、若手が優遇される傾向にあります。

定年後も働くなら、専門分野を持っておくなど、求められる人材になるための対策をしておきましょう。

理学療法士の将来性はあるの?

結論からいうと、理学療法士の将来性はあります。

なぜなら、日本はこれから超高齢社会に突入するから。

3人に1人が高齢者になる時代において、リハビリの需要は増す一方でしょう。

また、理学療法士の病院以外の就職先は?元人事が勤務先の実例を紹介で解説していますが、理学療法士は病院以外でも活躍できます。

理学療法士の供給が多いのは病院であり、およそ56%のPTが病院で勤務しているのが現状です。

つまり、病院にこだわらなければ理学療法士の勤務先は普通にあります。

このような意味でも、理学療法士の将来性はあるといえるでしょう。

ゆん
もし、理学療法士になって後悔しているなら、下記の記事を参考にしてください

 

この先どうすればいいのかまとめました。

関連記事

理学療法士に後悔?目指しているから参考に知りたいなぁ 現役の理学療法士です。PTに後悔しているのですが、どうすればいいでしょうか? このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   僕は回[…]

理学療法士として長く、定年後も働くためにすべきこと

理学療法士として長く働くためには何をすべきなのでしょうか。

大きく4つあります。

  1. 1:管理職・役職に就く
  2. 2:知識・技術の改善を続ける
  3. 3:副業を始めて収入源を複数持つ
  4. 4:起業する

1つずつ解説します。

1:管理職・役職に就く

管理職になることで、理学療法士として定年後も働きやすくなります。

なぜなら、わかりやすい実績と信頼を作れるから。

管理職には、本当に一部の理学療法士しかなれません。

病院なら、リハビリ職の役職は下記の4つ(または7つ)です。

  1. リハビリテーション部長
  2. 理学療法士科主任(副主任)
  3. 作業療法士科主任(副主任)
  4. 言語聴覚士科主任(副主任)

つまり、企業側としても管理職経験がある理学療法士は貴重な人材なんですよね。

そのため、理学療法士として役職に就くことは、長く働くためのポイントになります。

2:知識・技術の改善を続ける

理学療法士として、知識や技術の改善を続けましょう。

なぜなら、専門分野を持っておけば、必ず需要があるから。

得意分野がないPTと、何か1つの分野に特化したPTなら後者に需要があるのは明白ですよね。

これから先の時代は「強みがある理学療法士」だけが生き残る時代になるため、今のうちから自己研鑽を積み重ねることをおすすめします。

3:副業を始めて収入源を複数持つ

副業を始めて収入源を複数持つことで、理学療法士を定年後も続けやすくなります。

なぜなら、理学療法士以外のスキルも身につくから。

理学療法士の副業といえば、リハビリ関係のアルバイトを思いつきますよね。

たしかに、それでも稼げますし、スキルも身につくでしょう。

ゆん
ですが、あえてPTとは関係ない分野の副業をおすすめします

 

なぜなら、理学療法士の資格に頼らず生きていける選択肢がうまれるから。

例えばプログラミングを副業で始めれば、理学療法士がダメでもIT企業に転職できます。

ブログを始めれば、WEBマーケテイング会社に就職することもできるでしょう。

副業しておけば、本業の収入だけに頼らない生き方ができるうえに、職種の選択肢が広がります。

>>>理学療法士の副業はバレる?副業禁止でもすべき理由と対処法

4:起業する

理学療法士として起業するという方法もあります。

ですが、おすすめはしません。

なぜなら、起業には資金もリスクも伴うから。

安易に手を出すべきではありませんが、熱意と戦略があるならば挑戦する価値があるでしょう。

ゆん
もっと多くの選択肢が知りたい方は下記の記事を参考にしてください!

 

関連記事

理学療法士で勝ち組になるためにはどうすればいいの?もっと稼ぎたい! 理学療法士は勝ち組じゃないってホント?どうすれば勝ち組になれる? このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   理学[…]

理学療法士で勝ち組になる8つの方法【PT年収500万円は難しくない】

まとめ:理学療法士は60歳で定年だが、PT資格は死ぬまで使える

理学療法士は60歳~65歳まで働けます。

また、理学療法士は飽和するという言われていることは頭に入れておきましょう。

のほほーんとPTを続けていては、10年後、20年後に需要がないPTになってしまいます。

そうならないために、スキルを磨いて専門分野を持っておくか、副業を始めて収入源を複数持っておくことをおすすめします。

また、理学療法士は65歳まで働けるといっても、企業によるということは覚えておいてほしいです。

企業に再雇用制度がなければ雇ってもらえませんからね。

ですので、再雇用まで考えている方は、再雇用制度がある企業に転職しておくと安心です。

現職で不安があったり、人間関係で悩みを抱えている方、辛い思いをしている方は、将来を見据えて早めに行動しましょう。

周りが動き出すころには、好条件求人に応募が殺到してしまいますからね。

 

 

以下の記事では、少しでも早く転職するための転職エージェントをご紹介しています。

 

  • 辛い環境から抜け出したい
  • 給料の少なさで悩みたくない
  • 働きやすい環境にいきたい

 

上記のような悩みをお持ちの方は、エージェントを使って情報収集するだけでも気が楽になります。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

Twitterでは気ままに呟いてます