当サイトは、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。リハビリ職の転職に関するお悩みを解決するためのメディアです。

理学療法士をやめてよかった…PTを辞めて成功した人の共通点

理学療法士をやめたい…本当にやめてもいいのかな?
理学療法士をやめてよかった人はいる?それはどんな人なの?

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事をしていました。

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

理学療法士をやめたくても、本当にやめていいのか悩みますよね。

ゆん
筆者は人事として、「理学療法士をやめたい」という相談を受けてきたので、お気持ちがよくわかります。

 

そこで本記事では、理学療法士をやめてよかった!と思える人の共通点や、やめるべき人の特徴をまとめました。

理学療法士を辞めようか迷っている方の力になれれば幸いです。

理学療法士をやめてよかった…後悔したくないPTがすべきこと

僕が人事として理学療法士の相談に乗っていた時に感じていたのは、「やめたい気持ちはあるけど不安」なPTばかりということ。

つまり、後悔したくないんですよね。

ごもっともな感情だと思います。

だからこそ、下記3つを意識して明確にしてから、理学療法士をやめてほしいです。

  1. PTを辞めたい理由を明確にする
  2. PTを辞めて何がしたいのか考える
  3. 転職活動を早めに始める

①:PTを辞めたい理由を明確にする

まずは、何が原因で理学療法士を辞めたいのか、はっきりさせることが重要です。

せっかく取得した理学療法士免許。

無駄だったなんて思いたくないですよね。

だからこそ、本当に理学療法士そのものが嫌なのか、今の職場が嫌なのかをはっきりさせる必要があります。

  • 上司とそりが合わない
  • 同僚のノリに合わない

上記の場合は、今の職場があっていないから理学療法士を辞めたいと思っているだけであり、PTが嫌いなわけではない可能性が高いです。

反対に、

  • 理学療法士の働き方が辛い
  • 患者とのかかわりが苦痛

このような場合は、職場の問題ではなく、理学療法士そのものがあっていない可能性が高いので、PT自体を辞めたほうがよいかもしれません。

まずは、なぜ理学療法士を辞めたいと思っているのか、ここをはっきりさせることからです。

>>>理学療法士になって後悔した理由トップ5【現役PTの5人に聞いてみた】

②:PTを辞めて何がしたいのか考える

次にしてほしいことは、理学療法士を辞めて何がしたいのか考えることです。

なぜなら、次の目標がはっきりしていないと、辞めたところで大した進歩がないから。

転職しても、同じようなことをダラダラしてしまっては意味がありませんよね。

だからこそ、自分は何がしたいのか、どのように生きたいのか自問自答する必要があります。

ゆん
やりたいことがないなら、それでいいんですよ

 

今は「まだ」やりたいことがないだけであり、辛い環境から抜け出すことが目的なのは当たり前ですからね。

ここで伝えたいことは、「やりたいことがあるなら、迷わずに辞めて、目的に向かって進んでほしい」ということです。

繰り返しますが、大事なのは辛い環境から抜け出すこと。

我慢するのが大人なのではなく、環境を変えられるから大人なのです。

③:転職活動を早めに始める

3つ目が、人生の次のステップに進むうえで一番大事なことで、早めに転職活動を始めることです。

なぜなら、転職は早い者勝ちであり、早く始めれば始めるほど有利になるから。

求人は早い者勝ちなので、好条件の求人からなくなっていきます。

良い職場に就きたいなら、早く転職活動を始めることが基本です。

ゆん
元人事としては、とりあえず転職エージェントに登録しておくことをおすすめします

 

転職エージェントに登録だけしておけば、勝手に好条件の求人を探し、紹介してくれるからです。

料金は完全無料なのでご安心ください。

ここで登録だけしておけば、周りを出し抜けるので、スムーズに転職活動に移れて有利に進められますよ。

 

ゆん
とりあえず求人だけ見てみたい…という方は、以下の転職エージェントをご活用ください!

 

転職エージェントなら、無料登録するだけでネットに出ていない優良案件を見つけられるためです。

 

求人を見たいだけで、転職するつもりがなくてもOKなのでご安心ください。

 

料金は完全無料で、登録は1分でできます。

 

おすすめの転職エージェント

  • PT・OT・ST WORKER
  • 総求人数は60,000件で業界No.1。
  • 首都圏・大都市圏・地方向け求人数も業界最多。
  • PTOT人材バンク
  • 3か月以内など、早く転職したい人におすすめ。
  • 求人数は業界第2位で、年間11,000人以上が利用している。
  • 【リハのお仕事】
  • 人間関係で転職を決意した人におすすめ。
  • 施設の人間関係や評判など、職場のリアルな内部情報が豊富。

 

もっと詳しくサービスの詳細が知りたい方は、リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェントも参考にどうぞ!

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

理学療法士をやめてよかったと思える3つの理由【人事情報】

理学療法士を辞めてよかったと思う理由で多いのは下記3つです。

人事として情報収集したものなので、信頼性は高いかと。

  1. PTをやめてよかった理由①:給料が増えた
  2. PTをやめてよかった理由②:人間関係のストレスが消えた
  3. PTをやめてよかった理由③:理学療法士が向いていないとわかった

PTをやめてよかった理由①:給料が増えた

理学療法士をやめてよかった理由で一番聞くのが「給料が増えたこと」です。

それもそのはず。

理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法は?】で解説していますが、理学療法士の給料は平均で359万円程度。

平均でこれなので、20代や30代の若手はもっと低いです。

地方ならなおさらですね。

理学療法士を辞めて一般職に転職しただけで、年収が100万近く増える人もいます。

ゆん
理学療法士は転職に強いので、一般職も狙えるんですよ

 

>>>理学療法士は一般企業に転職できる?転職前に知っておきたい注意点

PTをやめてよかった理由②:人間関係のストレスが消えた

理学療法士は対人ストレスがかかりやすい職種です。

なぜなら、

  • 上司
  • 同僚
  • 患者
  • 医師
  • 看護師
  • ケアマネ

このように、四方八方から板挟みにされるからです。

ストレス耐性が低かったり、受け流すスキルがない人だったりすると、冗談抜きで心を病みます。

理学療法士に向いていない人にとっては地獄そのものです。

PTをやめてよかった理由③:理学療法士が向いていないとわかった

理学療法士をやめたことで、向いていないとわかってよかったという人もいます。

理学療法士の多くは、大学や専門学校を卒業し、他の職種を経験しないままPTになりますよね。

つまり、本当に理学療法士が向いているのかわからないまま、PTとして働いているのです。

一度理学療法士を経験したことでむいていないとわかった。

だからこそ、何の迷いや後腐れもなく、理学療法士の資格を無視して多職種を選べる、前に進めるというわけです。

ポジティブですばらしいです。

ゆん
向いていないと思ったら、1年目だろうが関係なくやめていいんですよ

 

理由は下記で解説していますが、辞めるなら早い方がお得です。

>>>理学療法士を1年目で辞めたい…【安心して辞めてよい3つの理由】

理学療法士をやめたい…本当にやめるべき人の特徴

理学療法士をやめるべき人の特徴を解説します。

下記に当てはまる人は、もはや仕事をできる状態ではありません。

転職ではなく、退職をして休んでください。

  1. PTを辞めるべき人①:ストレスで心身に異常がでている
  2. PTを辞めるべき人②:出勤前に涙が出る
  3. PTを辞めるべき人③:仕事のことを考えると動悸がする

PTを辞めるべき人①:ストレスで心身に異常がでている

ストレスで心身に異常が出ている人は、理学療法士をやめたほうがよいでしょう。

軽い症状であっても、です。

なぜなら、自覚がないだけで心身へのダメージが蓄積されているから。

ゆん
僕は働きすぎて不安障害になったことがあるので、やばい症状は経験しています

 

「まだ大丈夫」は全然大丈夫ではありません。

限界は一気に来ます。

そして、特に心に関しては、一度限界を迎えると治るまで時間がかかるのです。

だからこそ「まだ大丈夫」と思った時点で「やばい」のだと自覚してほしい。

辛い環境から抜け出す最後のチャンスかもしれないから…

PTを辞めるべき人②:出勤前に涙が出る

出勤前になると涙が出る人も、理学療法士を辞めた方がよいです。

すでに限界を迎えているサインだから。

僕も経験があるから言えます。

出勤前に涙が出てきて、なぜかとまらない。

頭はぐわんぐわんして思考がまとまらないし、心は何とも言えない不安でいっぱいになるんですよね。

思い当たる節がある方、すでに頑張りすぎですよ。

もう頑張らなくていいです。

よく頑張りましたね。

もう楽になっていいので、仕事から解放されましょう。

仕事は人生のおまけですから。

PTを辞めるべき人③:仕事のことを考えると動悸がする

仕事のことを考えただけで動悸がする人もやめたほうがよいです。

動悸はストレスのサインであり、心と体の悲鳴ですから。

日曜日の夕方、サザエさんが毎週やっていますね。

サザエさんをみて「明日(月曜日)から仕事か…」と落ち込むことを「サザエさん症候群」といいますが、これが悪化したものが動悸です。

もう頑張りすぎです。

今の辛い環境で頑張り続けても給料は増えません。

それどころか、資本(体)を壊してしまうだけです。

嫌な環境から抜けだして、自分が生きやすい環境へいきましょう。

>>>理学療法士に疲れた…辞めたいと思ったときに有効な対処法3選

理学療法士をやめてよかった…後悔しない人の共通点は?

理学療法士をやめてよかった人には共通点があります。

軽い気持ちでやめると後悔するので、注意してください。

  1. 理学療法士をやめてよかった人①:心の底から悩んでいた人
  2. 理学療法士をやめてよかった人②:転職を成功させた人

理学療法士をやめてよかった人①:心の底から悩んでいた人

理学療法士を続けるべきなのか、やめてもいいのか真剣に悩んでいた人は、やめてよかったと思う傾向にあります。

なぜなら、本当に悩みぬいて決断した結果だから。

悩んで悩んで、悩みぬいたうえでの結論が「理学療法士を辞めること」だったので、後悔するはずがないんですよね。

真剣に考えた人は、転職の成功・失敗に限らず、理学療法士をやめてよかったと思うのです。

理学療法士をやめてよかった人②:転職を成功させた人

転職を成功させた人も、理学療法士をやめてよかったと後悔しない人の共通点の1つです。

いわゆる、「終わり良ければ総て良し」ですね。

転職が成功したことで、理学療法士を辞めて正解だったというわけでしょう。

ゆん
では、転職に失敗したらダメなのか?といわれると、そうでもありません

 

もちろん、転職がうまくいくなら越したことはありません。

ですが、「転職(退職)した」という事実が重要なのです。

なぜなら、勇気を出して行動した結果だから。

今回頑張れたという事実が重要であり、「辛い環境から抜け出せた」時点で成功なんですよね。

転職成功はボーナスのようなもの。

失敗しても落ち込む必要はありません。

ゆん
とはいっても、転職に成功したい気持ちは当たり前ですよね

 

失敗したい人なんていないでしょう。

100%転職を成功させる方法はありませんが、成功率を100%に近づける方法はあります。

それは、転職エージェントを使うことです。

実際に、転職に成功した人は全員使っていました。

ゆん
人事としても、転職エージェントを使わずに転職を成功させた人は見たことがありません

 

エージェント経由でしか応募できない非公開求人があるだけでなく、書類選考や面接対策までばっちりしてくれるからです。

ちなみに、転職エージェントは完全無料なので、使って損することはないですよ。

 

ゆん
とりあえず求人だけ見てみたい…という方は、以下の転職エージェントをご活用ください!

 

転職エージェントなら、無料登録するだけでネットに出ていない優良案件を見つけられるためです。

 

求人を見たいだけで、転職するつもりがなくてもOKなのでご安心ください。

 

料金は完全無料で、登録は1分でできます。

 

おすすめの転職エージェント

  • PT・OT・ST WORKER
  • 総求人数は60,000件で業界No.1。
  • 首都圏・大都市圏・地方向け求人数も業界最多。
  • PTOT人材バンク
  • 3か月以内など、早く転職したい人におすすめ。
  • 求人数は業界第2位で、年間11,000人以上が利用している。
  • 【リハのお仕事】
  • 人間関係で転職を決意した人におすすめ。
  • 施設の人間関係や評判など、職場のリアルな内部情報が豊富。

 

もっと詳しくサービスの詳細が知りたい方は、リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェントも参考にどうぞ!

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

まとめ:理学療法士をやめたいのはあなただけではない

理学療法士をやめてよかった人の共通点や特徴をご紹介しました。

転職・退職は人生の転機ですので、簡単な決断ではありませんよね。

だからこそ、理学療法士を辞めて後悔しないために、しっかり考えることをおすすめします。

また、理学療法士をやめたいと悩んでいるのは、あなただけではありません。

自分が知らないだけで、同じように悩み、苦しんでいる人はたくさんいます。

一人ではないということだけは頭に入れておいてほしいです。

ゆん
理学療法士をやめる決断をしたなら、すぐに行動しましょう。

 

なぜなら、求人は早い者勝ちだからです。

ちなみに、「転職を決めていないけど、良さそうな求人票があれば転職したい」という方も同様ですね。

まずは行動から。

今の辛い状況を変えられるのは、あなた自身です。

 

以下の記事では、少しでも早く転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

Twitterでは気ままに呟いてます