当サイトは、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。リハビリ職の転職に関するお悩みを解決するためのメディアです。
「作業療法士はやめとけ」に反対できる3つの理由

「作業療法士はやめとけ」に反対できる3つの理由

「作業療法士はやめとけ」に反対できる3つの理由

検索すると「作業療法士はやめとけ」って出てくる…もうなっちゃったけど、やめたほうがいいの?
作業療法士を目指しています。やめとけに反対できる理由があるなら知りたい!迷っているんです!

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事をしていました。

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

「作業療法士」と入力すると、「作業療法士 やめとけ」とでて不安になりますよね。

病院で人事をしていた僕からすると、作業療法士はやめとけに猛反対なので、本記事を執筆しました。

「作業療法士はやめとけ」を真に受けず、自分の頭で考えてほしいです。

それでは行きましょう。

「作業療法士はやめとけ」に反対できる3つの理由

「作業療法士はやめとけ」という検索キーワードに不安を覚えた方は多いでしょう。

たしかに、作業療法士の将来性は暗い部分がありますが、明るい部分もあります。

ネットの「一部の」意見だけを信じてOTを辞めたり、目指すことを辞めてしまうのはもったいないです。

理由は下記の3つ。

  1. OTは転職に強いから
  2. OT資格を活かして副業で稼げるから
  3. OT資格を使える一般企業にも転職できるから

上記3つが、「作業療法士はやめとけ」に反対できる理由です。

選択肢が豊富で、副業でも稼ぎやすいので、「作業療法士はやめとけ」に反対できます。

作業療法士はやめとけといわれる理由については、理学療法士と作業療法士はやめとけと言われる9つの理由を人事が解説を参考にしてください。

より理解が深まるはずです。

関連記事

「理学療法士(PT)と作業療法士(OT)はやめとけ」といわれる理由は?デメリットがあるの? これから理学療法士と作業療法士を目指す人は辞めておいたほうがいいの? このような悩みを解決します。 理学療法士・作業療法士を目指している人[…]

stop-pt-ot

 

それでは、「作業療法士はやめとけ」に反対できる理由は、以下で詳しく解説していきます。

作業療法士はやめとけに反対の理由①:OTは転職に強いから

作業療法士は転職に強いです。

転職を繰り返して年収を増やすこともできますし、「なんか違う」と思ったのなら職場を変えることも難しくありません。

一般職よりも難易度低めで転職できるので、作業療法士はやめとけなんて一概には言えないというわけですね。

基本的に、日本全国どこに行っても需要があるので、高望みさえしなければ安定して定年まで働けるでしょう。

ただし、地方に関しては大都市に比べると求人が少なく、年収は低めです。

ゆん
これは仕方ないことですけどね…

 

ちなみに、作業療法士が働ける職場でポピュラーなのは以下の通り。

  1. 有料老人ホーム
  2. 特別養護老人ホーム
  3. 介護老人保健施設
  4. 訪問リハビリテーション
  5. デイサービス
  6. 整形外科クリニック
  7. ジムトレーナー

作業療法士は転職先候補がたくさんあります。

病院は倍率高めですが、それ以外はそれほど高くないのでおすすめですよ。

作業療法士はやめとけに反対の理由②:OT資格を活かして副業で稼げるから

「作業療法士はやめとけ」といわれる理由の1つが「給料の安さ」です。

たしかに、OTの給料は安いですね。

理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法は?】でまとめていますが、作業療法士の平均年収は352万円しかありません。

それどころか、作業療法士は増えすぎているので給料が下がるともいわれています。

ですが、作業療法士は副業で稼ぐこともできるので、副業収入を得やすいし稼ぎやすいんですよ。

ゆん
作業療法士は「専門スキル」を駆使する職種です。つまり、副業においても高単価で効率よく稼げます。

 

作業療法士として働くうえで、「本業収入」は安いかもしれません。

しかし、現役の作業療法士という強みを生かして副業すれば、本業の安さなんてものともしないくらい稼げます。

ゆん
副業はスキルが身につくので、新しいスキルで別の職種に就くこともできますよ

 

作業療法士ができる副業は以下の記事でまとめているので参考にしてください。

>>>作業療法士におすすめの副業9選!注意点やメリット・デメリットも解説

作業療法士はやめとけに反対の理由③:OT資格を活かせる一般企業にも転職できるから

作業療法士は、「OT資格を活かせる一般企業に転職すること」もできちゃいます。

意外と知られていませんが、PT/OTの資格を活かして働ける一般企業は結構あるんですよ。

具体的には、

  1. 発達支援施設
  2. 福祉用具販売
  3. 病院・施設経営マーケティング職

といった職ですね。

また、理学療法士ですが、ダイワハウスに転職している方もいます。

資格者優遇制度がある一般企業なら、資格を持っているだけで月給が増えます。

もちろん、資格が関係ない一般企業に転職することもできるので、作業療法士は転職に強いのです。

資格を活かすも殺すも自分次第で転職先を選べますからね。

>>>作業療法士から一般企業への転職がおすすめな4つの理由【OTが転職する方法】

「作業療法士はやめとけ」は一部の意見に過ぎない

本記事で一番伝えしたいことは、「作業療法士はやめとけ」というのは一部の人の意見に過ぎないということです。

SNSなどでは、

  • 作業療法士はブラック
  • パワハラばっかり
  • 毎日サービス残業

等の意見が多く、「作業療法士はやめとけ」が事実なように見えます。

しかし、これらは一部の意見にすぎません。

エコーチェンバー現象というのですが、似たような意見が集まってしまうのがSNSの特徴だからです。

実際とは違うのに、事実と誤認してしまいやすいのが現代のネット社会なので、自分がみている側面が事実なのか確かめる必要があります。

ゆん
「作業療法士はやめとけ」と書き込んでいる人は、ネガティブな経験をした人ばかりなので、マイナスな意見が多いんですよね

 

というわけで、次章からは「作業療法士はやめとけ」に賛成の声と反対の声をご紹介します。

「作業療法士はやめとけ」に賛成の声

「作業療法士はやめとけ」に賛成の声は、残念ながらたくさんできてきます。

ここでは、その一部をご紹介しますね。

やはり、給料の安さと働き方に不満を持っている作業療法士が多いようです。

作業療法士は社会的意義が高いのに、待遇は国家資格とは思えませんからね。

次章では、「作業療法士はやめとけ」に反対の声、作業療法士になってよかったといっている方をご紹介します。

関連記事

作業療法士を1年目で辞めたい…辞めてもいいのかな? 実際に1年目でOTを辞める人はいるの? 作業療法士を1年目で辞めた後はどうなっちゃうの? このような悩みを解決します。 ゆん この記事を書いている私は、回復期病院[…]

「作業療法士はやめとけ」に反対の声

次に、「作業療法士はやめとけ」に反対の声をご紹介します。

作業療法士になってよかったと思っている方はたくさんいるんですよ。

作業療法士は給料や働き方の面ではよくないかもしれません。

しかし、それ以上に人から感謝され、心が温まる仕事です。

人を助けたい人、心の寄り添って社会復帰の助けをしたい人にとっては、作業療法士こそ天職といえるでしょう。

やっぱり不安!「作業療法士はやめとけ」を無視していいの?

結論からいうと、作業療法士にやりがいを感じない人は作業療法士をやめておいた方がいいでしょう。

給料が安く、労働環境が良いとは言えない職場が多いですからね。

反対に、下記に当てはまる人は「作業療法士はやめとけ」を無視してOTになったほうが良いでしょう。

OTに向いている人

  • 人に寄り添える人
  • 人を助けることに生きがいを感じる人
  • 給料に執着がない人
  • 給料より安定を求める人

作業療法士は、人助けです。

奉仕の精神ですからね。

感謝されたときは、それはそれはうれしい気持ちでいっぱいになるでしょう。

人助けに生きがいを感じる人や、給料はそこそこでよく安定が第一の人は、作業療法士が向いているといえます。

ゆん
作業療法士の将来性はあるので、職を失うことはありませんよ。

 

ただ、作業療法士の給料が安いのは事実です。

転職したり、副業したりして収入を増やす必要はでてくるかもしれませんね。

関連記事

作業療法士に将来性がないって本当なの?転職したほうがいい? 作業療法士は飽和してるの?目指さないほうがいい? 安定して働けるOTになる方法が知りたい! このような悩みを解決します。 [afTag id=5016] &n[…]

作業療法士には将来性ない?元人事が勝ち残るOTになる方法を解説

まとめ:「作業療法士はやめとけ」を信じるのはもったいない

「作業療法士はやめとけ」という一部の意見を信じてしまうのはもったいないです。

仕事というのは、結局のところ、自分でやってみないと向いているのか向いていないのかわかりませんからね。

作業療法士になってみて「なんか違う」と思ったら、OTの転職に強いというメリットを活かして転職しても遅くはないでしょう。

給料や将来性に不安があるなら、転職だけでなく、副業を始めるという方法でも解決できます。

副業は転職のような大変さはありませんし、職場環境の変化というストレスもありません。

月5万円程度ならばやり方次第で初月に達成できるので、お金の不安は予想よりも簡単に解消できるでしょう。

せっかく手に入れたOT資格を活かすも殺すもあなた次第です。

これから目指す方に関しては、よく考えてOT以外の選択肢も持つことをおすすめします

以下の記事では、少しでも早く転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

関連記事

作業療法士だけど収入に不満がある。おすすめの副業が知りたい! 作業療法士の資格を活かして稼げる副業を教えて!始めやすいのがいい! 作業療法士が休みの日だけで取り組める副業が知りたい!できれば在宅も! このような悩みを解決します。 […]

作業療法士におすすめの副業9選!注意点やメリット・デメリットも解説
関連記事

作業療法士で勝ち組になるためにはどうすればいいの?もっと稼ぎたい! 作業療法士は勝ち組じゃないの?むしろ負け組? このような悩みを解決します。 [afTag id=5016]   作業療法士は、社会的には[…]

作業療法士が勝ち組になる9つの方法【賢く稼いで年収500万】
「作業療法士はやめとけ」に反対できる3つの理由
Twitterでは気ままに呟いてます