当サイトは、一般職をはじめ、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。
Occupational therapists are recommended to change jobs to general companies

作業療法士(OT)に疲れたから辞めたい人は一般企業への転職がおすすめな理由

Occupational therapists are recommended to change jobs to general companies

作業療法士を辞めたいけど、一般企業へ転職できる?
実際に作業療法士から一般企業へ転職した人はいるの?
一般企業への転職のリスクは?
作業療法士はどうやって転職するの?
このような悩みを解決します。
今回は、「作業療法士を辞めたい人が一般企業へ転職するってどうなの?」というテーマです。
私は病院で人事をしているので、作業療法士から一般企業へ転職する人を数多く見てきました。
この記事を読むことで、作業療法士が一般企業へ転職する方法や、転職することのメリット・デメリットがわかります。
ゆん
作業療法士から一般企業へ転職って、聞きなれないなぁ
猫さん
とんでもない!作業療法士から一般企業に転職する人は多いんだよ!
  • 完全在宅で残業より効率よく稼げる副業があります。
  • 人間関係が嫌な人だけ以下の記事をご覧ください。
  • 初月から簡単に5万円稼げます。
  1. 【理学療法士】におすすめの副業はこちら
  2. 【作業療法士】におすすめの副業はこちら
  3. 【言語聴覚士】におすすめの副業はこちら

作業療法士(OT)を辞めたいなら一般企業への転職がおすすめな理由

早速ですが、作業療法士を辞めたいならば一般企業への転職がおすすめのワケを解説していきます。

作業療法士は一般企業へ転職がおすすめの理由

  1. 有資格者はリスクが少ないから
  2. 多職種を経験しないとOTが向いているかわからないから
  3. 資格者優遇を活用できるから

1.有資格者はリスクが少ないから

作業療法士はブランクがあっても復帰しやすい職種です。

万一、一般企業への転職に失敗しても、業界復帰が難しくないんです。

なぜなら、国を挙げてリハビリ職人材の確保にあたっているから。

実際に、OT→一般企業→OTという人の応募もありましたが、正直にいって魅力的でした。

OTの経験しかない人と、他の職種にも挑戦した人では視座が違います。

勝手に成長して帰ってきたOTは、一般企業が経営するデイや訪問看護で特に需要があるのです。

 

ゆん
作業療法士は転職失敗リスクが低いなんて知らなかったよ

 

猫さん
医療機関は人材を流出させたくないから、その手の話はしないんだ

 

2.他職種を経験しないとOTが向いているかわからないから

おそらく、作業療法士になった人は他の職種を経験していない人がほとんどだと思います。

それって、危険ではないですか?

作業療法士の資格を取ったから作業療法士になるのは道理です。

しかし、資格があるから向いているとは限りませんよね。

自分のキャリアのためにも、一般企業への転職は有効な手段です。

 

猫さん
いわれてみれば、OT以外を知らないってリスクじゃん!

 

3.資格者優遇を活用できるから

  • 福祉用具会社
  • キャリアコンサルタント
  • 老健や介護付き有料老人ホームの施設長

上記のような職種で、資格者優遇を受けることができます。

現場を知っている人間と、理論上でしか知らない人間では雲泥の差があります。

企業が欲しがるのは前者です。

OTの仕事が嫌で辞めたとしても、OTの資格は有効に使えます。

勇気を出して、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

ゆん
普通に作業療法士として働くより、一般職に転職したほうが給料高い・・・?

 

猫さん
よく気付いたね!OT→一般職でも、OT→一般職→OTでも給料は高くなる傾向にあるよ!

 

 

関連記事

私はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への一度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。[…]

作業療法士(OT)が仕事を辞めたいと思うきっかけ【転職の理由】

ここでは、作業療法士が辞めたいと思うきっかけを紹介します。

人事の仕事をしていると、このような情報はかなり入手できるので、信頼度高めです。

作業療法士が辞めたいと思うきっかけ

  1. サービス残業が多い
  2. 給料が安い
  3. 人間関係が複雑
  4. 時間外の学会や勉強会に強制参加
  5. リハビリ職に向いていない
  6. やりがいが見いだせない
  7. 体力的に厳しい

1.サービス残業が多い

作業療法士に限らず、リハ職はサービス残業が多いです。

時間外に行われる、任意の皮をかぶった強制参加の勉強会・ミーティング、カルテ記入などが該当します。

実際に、定時を過ぎてからカルテ記入をする人が多くて驚きました。

どうやら、「業務時間内に終わらせられない当人の能力不足だから」という理由で残業を付けられないようです。

リハ業界がすべてこうとは限りませんが、ブラックだと思います。

そりゃ転職したくなりますわ。

 

猫さん
リハ職はブラック・・・これは否定できない

 

2.給料が安い

サービス残業はばっちりさせられるのに、給料が安くて残業代が出ないことも、転職したい理由で頻繁に聞きます。

作業療法士に限った話ではなく、リハ職共通です。

リハ職同士の結婚はよくあるのですが、大丈夫なの?というのが本音です。

昨年結婚した20代後半の職員は、「親の援助がないと子育てなんて絶対無理だよ」と嘆いていました。

 

ゆん
作業療法士は重要な専門職なのに、給料が安すぎると思う

 

関連記事

  理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の給料が安い理由はなんで? もっとお金を稼ぐためにはどうすればいい?   このような悩みを解決します。 この記事を書いている僕は、地方の回復期病院(200床)で人事をして[…]

>>>理学療法士と作業療法士の給料が安い理由と給料を上げる方法

3.人間関係が複雑

作業療法士は昔から上下関係が強烈です。

今ではパワハラ・モラハラに該当するようなことを平気でしていますし、何度も相談を受けます。

そのたびに注意しますが、彼らにとってはそれが普通らしく、直りません。

医師や看護師、PTやST、連携室ともかかわらなくてはならないので、コミュニケーション能力が問われます。

長い物には巻かれよの精神がある人なら平気かもしれませんが、正論を貫いてしまう人にとっては、やりづらいはずです。

 

猫さん
人事としては、リハ職の人間関係は諦めてます

 

4.時間外の学会・勉強会などに強制参加

「1.サービス残業」でも触れましたが、勉強会やミーティングは時間外に行われます。

任意をうたっていながら、参加しないと呼び出されるので、実質強制です。

それだけではなく、休日も返上して自腹で学会に参加しなければならない時もあります。

やる気がある人ならいいのでしょうが、そうでない人にとっては地獄です。

「なんでそこまでしなきゃならないわけ?やってられるか!」

毎年1人は、こんな愚痴を言う新人さんがいます。

 

猫さん
給料が安いうえに自費で学会・・・

 

ゆん
今は令和だよね・・・?

 

5.リハビリ職に向いていない

リハビリ職はサービス業です。

患者さんに奉仕の精神で接します。

コンビニでみかけるようなクソみたいな患者にも笑顔で接して、治す手伝いをしなければなりません。

正直、かなり精神年齢高めでないと厳しいです。

転職理由でこの手の話をすると、かなり盛り上がりますよ・・・

 

猫さん
無理してストレスをためるのだけはやめよう

 

6.やりがいが見いだせない

作業療法士は、高齢者のリハをすることがほとんどです。

「社会復帰できないような高齢者をリハして、何の意味があるんだろう?」

こう質問されたことがあります。

 

ゆん
本当にそんなこと聞かれたの?

 

猫さん
1年目の優秀な人に聞かれたよ…先が見えちゃったんだろうね

 

私は、何も答えられませんでした。

自分でやりがいをみつけてOTの職務に励めればよいのですが、そうでない人はモチベーションが消滅します。

一般企業の方が向いているかもしれませんね。

7.体力的に厳しい

作業療法士は手に関するリハビリがメインですが、運動量多めです。

特に女性の方は、起居動作や入浴補助が大変だと聞きます。

老健やデイなどではレクリエーションがあるので、準備や片付けにも体力が必要です。

ここにサービス残業やら、休日の学会やらが追い打ちをかけてくるため、精神的にも厳しくなるのでしょう。

体力があるうちは平気かもしれませんが、定年が近づけば近づくほど厳しくなります。

作業療法士は体育会系だと認識してくださいね。

 

ゆん
休みも取りにくいし、環境はよくないかもね

 

作業療法士(OT)が一般企業へ転職するメリットとデメリット

この章では、作業療法士が一般企業へ転職することのメリットとデメリットをまとめました。

当然ですが、転職先の企業によってはメリット・デメリットとはいえないこともあります。

求人情報をしっかりと確認し、自分が不利にならないように注意してくださいね。

メリット

まずは作業療法士が一般企業へ転職するメリットからです。

メリット

  1. ワークライフバランスを保ちやすくなる
  2. 人間関係を改善できる
  3. サービス残業から解放される

1.ワークライフバランスを保ちやすくなる

まず第一に、当たり前のようにあったサービス残業から解放されます。

空いた時間を趣味や家事に使えますし、副業を始めることも可能です。

求人によりますが、「残業なし」「週休完全2日制」「フレックスタイム制」「育児休暇」「時短推奨」など、社員の生活を重視した職場は増えつつあります。

実際に作業療法士から一般企業へ転職していった人たちは、穏やかな表情でした。

働き方改革が進んでいる現代は、転職する絶好のチャンスと考えられますね。

 

ゆん
作業療法士は休みを取りづらいよね

 

猫さん
一般職は作業療法士より簡単に休みをとれるはずだよ

 

2.人間関係を改善(リセット)できる

私自身が一般企業から病院へ転職した経験があります。

病院にきて思ったことは、現場が圧倒的に強く、上下関係が強烈ということです。

こちらの意見が正しかったとしても、上が違うといったら違うのです。

改善の「か」の字もないストレスばかりの職場からおさらばして、自分に合った環境で働くことができます。

3.サービス残業から解放される

サービス残業から解放され、普通に残業代がでるようになります。

ワークライフバランスも保ちやすくなるし、一石二鳥でしょう。

なにより、精神的な解放感と充実感が違うんです。

私は残業代が出ない職場から出る職場へ転職しましたが、お金よりも心の健康を得られた方が幸せに感じています。

 

ゆん
健康経営が進んでいる職場なら、転職しなくてもよさげ?

 

猫さん
給料にも不満がないならいいと思う!交渉に使えるから転職エージェントに登録して、情報だけもらっておくといいよ。

 

デメリット

次に、作業療法士から一般企業へ転職した場合のデメリットです。

こちらは2つあります。

デメリット

  1. 初歩的なマナーから勉強しなければならない
  2. 資格手当がもらえなくなる

1.初歩的なマナーから勉強しなければならない

作業療法士から一般企業へ転職すると、初歩的なビジネスマナーから勉強する必要があります。

一般企業の新人が当たり前のようにしている業務を0から覚えなければなりません。

「メール」「名刺の受け渡し」「エクセル、ワード、パワーポイントの使い方」「電話の出方」といったことなどです。

経験則ですが、半年かけてこれらの作業をこなせるようにならないと、使えないと思われます。

あらかじめネットた本で勉強しておくと、新しい職場でもなじみやすいです。

 

ゆん
一般職では、1年目の研修で真っ先にやるもんね

 

2.資格手当がもらえなくなる

これまでは、作業療法士という「資格手当」をもらえていましたが、一般企業ではもらえなくなります。

求人によっては、資格さえ持っていればOKな職場もあるようです。

また、「住宅手当」「通勤手当」といった各種手当が、給与に含まれている形の企業もあります。

中小企業の場合は、賞与が確実に年2回もらえるとも限りません。

 

ゆん
資格手当がもらえないのは痛いなぁ。もったいない気がする・・・

 

 

猫さん
トータルで見たら、一般職の方が稼げることが多いよ。目先では判断しないようにね。

作業療法士から一般企業へ転職して作業療法士に戻る人はいる?

結論は、YESです。

私のいる病院では、年間で1~5名ほど(詳しくは言えないのです)一般企業からの転職者を受け入れています。

だいたい1年~2年で作業療法士に戻る人が多いです。

 

  • 「稼げるようになったけど、自分で考えて動くのが難しかった」
  • 「ノルマに追われるのが嫌だった」
  • 「給料は少ないけど、安定した作業療法士が向いてるとわかった」

 

一般企業から作業療法士に戻った人は、作業療法士という職種が性に合っていたようです。

そのまま一般企業で活躍して、「めっちゃ稼げる!作業療法士をやめてよかった!」という人も当然います(元同期とか・・・)。

1つ耳に入れてほしいことは、一般企業へ転職した人は、口をそろえて転職してよかったといっていることです。

 

ゆん
転職経験済みの作業療法士は、転職をすすめているの?

 

猫さん
転職は経験しとけ!っていっているね。給料面でもキャリア面でも有利になるから。

 

まとめ:作業療法士(OT)を辞めたいなら即行動を!

作業療法士を辞めたいなら、一般企業への転職がおすすめ」というテーマでまとめましたが、いかがでしたか?

作業療法士は転職がしやすい職種といっても、一般企業へ転職は相当な度胸と勇気が必要です。

家族がいれば迷惑をかけるかもしれませんし、転職先職場が今よりもよくなるとはいいきれません。

それでも、行動しなければ何も変わらないのも事実です。

自分の人生を変えるための一歩として、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

私はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への一度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。[…]

>>>理学療法士・作業療法士・言語聴覚士におすすめの転職サイト・エージェント

Occupational therapists are recommended to change jobs to general companies
Twitterでは気ままに呟いてます