当サイトは、一般職をはじめ、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。
pt-ot-have-a-bad-personality

作業療法士は性格が悪いという噂を完全否定します

pt-ot-have-a-bad-personality

 

作業療法士は性格が悪いって本当なの?
性格が悪いのなんで?どういう人なの?
このような悩みを解決します。
「作業療法士 性格悪い」などで検索したあなたは、リハビリを受けている患者さんか、これから実習に行く(受けている)学生さんでしょうか。
今回は、「作業療法士は性格が悪い」というテーマで記事を書きました。
本記事を読めば、なぜ作業療法士は性格が悪いと思われているのか、性格が悪い作業療法士がいるなら、それはどんな人なのかがわかります。
関連記事

  作業療法士を1年目で辞めたいけど、辞めてもいいの? 実際に1年目で辞める人はいる? 作業療法士を1年目で辞めた後はどうなっちゃうの? このような悩みを解決します。 この記事を書いている私は、回復期病院の人[…]

作業療法士(OT)は性格が悪いという大嘘

早速ですが、「作業療法士は性格が悪い」という説は大嘘です。

正確にいえば、性格が悪い人もいるけど、ごく少数という意味です。

しかしそれは作業療法士に限った話ではなく、どの職種においても性格が悪い人はいますよね。

そもそも何をもって性格が悪いといっているのかわかりませんが、人間性において性格が悪い人が作業療法士には多いとされているならば嘘だと断言します。

私は回復期病院で人事をしているので、作業療法士とは毎日のように話をしますが、意地の悪い人や揚げ足取りが趣味みたいな人はいません。

むしろ、作業療法士には穏やかな人が多いです。

人事に対しては、いい顔しか見せていないのかもしれませんが、対策として黒いうわさも入ってくるシステムを作っています。

そのシステムにも引っかからないので、「作業療法士は性格が悪い」説に対して、現実的に否定できます。

実際に、「作業療法士は性格が悪い」という噂の発生源は、悪質なリハを受けた患者さんや、ぞんざいに扱われた実習生です。

作業療法士に対して恨みがある人が、ネットであることないこと書いて、噂が独り歩きしたパターンでしょう。

嫌な思いをされた人には申し訳ないと思いますが、一部の意見だけを受け止め、それが事実だとは思わないでほしいです。

関連記事

  理学療法士は性格が悪いって本当? なぜ理学療法士は性格が悪い、プライドが高いなんていわれているの? 性格が悪くてプライドだけは高い理学療法士だと思われないようにする方法を知りたい このような悩みを解決します[…]

作業療法士(OT)は性格が悪いと思われている4つの理由

ここでは、作業療法士は性格が悪いと思われている理由を調査しました。

人事として病院の評判を高めたいので、いろいろ調べました。

 

作業療法士(OT)は性格が悪いと思われている4つの理由

  1. 実習生が嫌な思いをさせられた
  2. 患者さんの書き込み
  3. ブラックな職場から抜け出せない
  4. 偉くなったと勘違いする

 

1.実習生が言いふらした

1つ目は、実習生が嫌な思いをさせられたから言いふらしたパターン。

作業療法士や理学療法士、言語聴覚士といったリハビリ職は実習が必須です。

実習にきた学生は、現役の作業療法士にくっついて、きっちり勉強します。

担当になった現役の作業療法士が人間的に終わっていて、嫌な思いをさせられた結果、ネットや学校で言いふらしたのでしょう。

実は当院でも過去に問題になったことがあるので、すぐに納得しました。

「なんでこんなこともできないの?」

「学校で勉強したでしょ?」

「あー、めんどくさい。邪魔だなぁ」

このような発言を実習生にする作業療法士がいて、心に傷を負った学生が来なくなった事例がありました。

これに関しては完全に作業療法士のパワハラなので、すぐに学校に報告してください。

こちらとしても、そのような作業療法士は不要なので、事実確認のあと、すぐに対処します。

2.患者さんの書き込み

質の低いリハビリを受けたと思い込んだ患者さんが、腹いせで書き込んだという事例がありました。

この書き込みを見た人が、何の根拠もなしに信じてしまったのでしょう。

「リハビリ時間が短く、会話もろくにしてくれない。笑顔がない」といったことが気に障ったようです。

こちらも当院の実例なのですが、自分の考えが事実だと思い込む病気の患者さんだったので、患者さん側にも問題がありました。

作業療法士は常に時間に追われているので、常に最高品質のリハビリを提供できるわけではないのです。

3.ブラックな職場から抜け出せない

作業療法士といっても、職場環境は様々です。

定時であがりが当たり前なホワイト職場もあれば、サービス残業三昧のブラック職場もあります。

前者は心に余裕があるので、良質はリハビリを提供できますが、後者はどうでしょう。

心に余裕のない人が、他者に良質なリハビリを提供するのは難しいと思われます。

ブラックな職場から抜け出せない、心も体も疲れた作業療法士が腐ってしまうのも無理ありません。

ブラックな職場は心を疲れさせて、性格が悪い作業療法士を生み出してしまうのです。

4.偉くなったと勘違いする

作業療法士は患者さんからすると、医師と変わらないので「先生」と呼んできます。

先生でも何でもないのに、「先生」と呼ばれ続ける環境は、人の心を増長させることがあるようです。

入社前は腰が低い人であっても、先生と呼ばれることで偉くなったと勘違いしてしまい、横柄な態度をとるようになります。

頭の悪い人ほど勘違いしやすいという研究があるので、調べてみると面白いかもしれません。

冷静に自分を見つめ、残念な人間にはならないようにしたいですね。

関連記事

  理学療法士と作業療法士は頭が悪いって本当なの? そんな風に思われている理由は?   このような悩みを解決します。 この記事を書いている私は、回復期病院で人事担当をしている者です。 &n[…]

【注意】作業療法士(OT)で性格が悪い人はごく少数です

ここで再度の注意です。

ほとんどいませんし、他のあらゆる職種に関してもいえることですが、作業療法士には性格が悪い人はいます。

ただ、作業療法士は全員の性格が悪いわけではないということは、頭に入れておいてほしいです。

実習で辛い思いをしたかもしれません。

リハビリで嫌な思いをしたかもしれません。

それでも、ほとんどの作業療法士はまじめに仕事と向き合っています。

一部の悪質な、低品質な作業療法士だけをみて、作業療法士は性格が悪いなんて思わないでほしいです。

まとめ

作業療法士は性格が悪いというテーマでまとめましたが、いかがでしたか?

実際に作業療法士にリハビリを受けて嫌な思いをした人も、実習生で辛い思いをした人もいるかもしれません。

1つ知ってほしいのは、性格が悪い作業療法士はごく一部ということです。

1%の作業療法士は終わってるかもしれませんが、99%は性格的に何ら問題のない人ばかりなのです。

判断するのは、一部だけをみてするのではなく、全体を把握して事実を知ってからでも遅くはないでしょう。

 

リクルートエージェントに無料で相談する

 

関連記事

私はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への一度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。[…]

 

pt-ot-have-a-bad-personality
Twitterでは気ままに呟いてます