当サイトは、回復期病院の元人事が運営しているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の悩み解決に特化したサイトです。

作業療法士をやめてよかったことランキング【人事が聞いた】

作業療法士をやめたいやめてよかった人の話がききたいなぁ
作業療法士をやめてから後悔したくない…どうすればいいの?方法があるなら教えて!

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

今回は、作業療法士をやめてよかった人の話をまとめました。

もちろん、元人事としての人脈をフル活用して、ですよ?

作業療法士をやめようか真剣に悩んでいる方、本当にやめてもいいのか不安ですよね。

実際に、作業療法士を辞めた人のその後を知ることで、ある程度は安心できると思います。

ぜひ、最後までご覧くださいませ。

作業療法士をやめてよかったことランキング【人事が聞いた】

ここでは、「作業療法士をやめてよかった!」と思えた理由をランキング形式でご紹介します。

退職した作業療法士(今は一般職)に聞きました。

  1. 1位:人間関係のストレスがなくなった
  2. 2位:給料が増えた
  3. 3位:OTの魅力に気づけた

1位:人間関係のストレスがなくなった

「作業療法士をやめてよかった!」と思える理由で一番共感されたのは、人間関係のストレスがなくなったことでした。

上司や患者とのストレスから解放され、心が軽くなったそうです。

作業療法士は、以下の人とかかわるので、対人関係の悩みを持つ方が多いんですよね。

  1. 患者
  2. 患者家族
  3. 理学療法士(上司・部下・同僚)
  4. 言語聴覚士(上に同じ)
  5. 医師
  6. 看護師
  7. 介護士
  8. ケアマネ
  9. 学生

上記以外にもかかわる人がいるはずなので、一般職に比べるとかなり多いです。

それだけ抱えるストレスも増えますし、想像したくないですね…

一般職に転職すれば、一気に人間関係のストレスから解放されてハイになりそうです。

2位:給料が増えた

「作業療法士をやめてよかった!」と思える理由で二番目に共感されたのは、給料が増えたことでした。

それもそのはず。

作業療法士の給料は理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法は?】で解説している通り、めっちゃ安いです。

ot average income

出典:求人ボックス(OT平均年収)

 

少し古いデータですが、作業療法士の平均年収は352万円です。

2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」によれば、現在の日本人の平均年収は約430万円なので、大きく下回っています。

また、「平均で」なので、新人や若手はもっと低い可能性が高いでしょう。

というわけで、作業療法士をやめただけで年収が増える人が多く、「やめてよかった」と思うのです。

ゆん
ちなみに、作業療法士に後悔する理由では「給料の安さ」が殿堂入りするほどです…

 

>>>作業療法士に後悔する理由と対処法【4年目OTに聞いた】

3位:OTの「安定」という魅力に気づけた

「作業療法士をやめてよかった!」と思える理由で三番目に共感されたのは、OTが安定しているという魅力に気づけたことでした。

辞めてから気付く、作業療法士の魅力というやつですね。

具体的には、作業療法士の資格の強さに気付く人が多かったです。

ゆん
作業療法士は、全国どこでも需要があるので、働き口に困りませんからね

 

作業療法士が嫌でやめたとしても、復帰がしやすいので、多少のリスクがあっても安心して挑戦できます。

また、患者と離れたことで、あれほど人に感謝される仕事はないと気づいた人もいました。

一般職は、人に感謝される機会がOTよりも少ないですからね。

>>>作業療法士が勝ち組になる9つの方法【賢く稼いで年収500万】

作業療法士をやめてよかった…一般企業に転職してから気づくOT資格の魅力

作業療法士の資格は、就職に絞れば最強です。

なぜなら、全国どこでも働き口があり、高齢者が多い日本では需要が尽きないから。

職場を選ばなければ、どこでも食べていけるでしょう。

また、資格を活かして一般職に就くこともできるので、作業療法士は本当に就職に強いです。

医療機器メーカーや福祉用具貸与事業者の営業職など選択肢は多くないですが、作業療法士の有資格者が実際に働いている一般職はあります。

ゆん
資格者優遇を受けられるので、資格を無駄にしないで済む点もよいですよね

 

もちろん、作業療法士は資格に関係ない一般企業で働くこともできます。

不安は感じるでしょうが、元作業療法士という強みを活かして挑戦してもよいでしょう。

作業療法士よりも一般職の方が稼ぎやすい場合が多いので、給料に不満がある方は一般職への転職がおすすめです。

無理そうなら作業療法士に復帰することもできるので、ガンガン挑戦できますからね。

>>>作業療法士から一般企業への転職がおすすめな4つの理由【OTが転職する方法】

作業療法士をやめてよかった…やめて後悔する人との違いは?

作業療法士をやめてよかった人と後悔する人には違いがあります。

軽い気持ちでやめると後悔するので、よく考えてから行動したいですね。

  1. 違い①:真剣に悩んでいたのか、衝動的だったのか
  2. 違い②:転職の準備をしっかりしていたのか

違い①:真剣に悩んでいたのか、衝動的だったのか

作業療法士をやめてよかった人と後悔する人の違いの1つ目は、「真剣に悩んだか、衝動的だったのか」です。

心の底から悩んで、考え抜いたうえで辞めた人と、なんとなくノリで辞めた人というわけですね。

ちゃんと悩んで決断した人は、自分の決断が正しかったことを証明するために、退職後も努力を続けます。

その結果、「作業療法士をやめてよかった」と思えるのです。

一方、何となく辞めてしまった人は、退職後もなんとなく行動することが多いです。

うまくいかなくなり、「やめなければよかった」と後悔することがあります。

違い②:転職の準備をしっかりしていたのか

作業療法士をやめてよかった人と後悔する人の違いの2つ目は、「転職の準備をしっかりしていたのか」です。

なぜなら、転職は情報戦であり、準備の段階で勝負が9割決まるから。

早めに行動し、しっかり準備していた人は好条件の職場に移れます。

しかし、転職活動をぎりぎりまでやらずにサボった人は、相応の職場にしか転職できないためです。

求人票には人気があり、好条件なものほど先になくなっていくことを頭に入れ、早めに転職活動を始めることがポイントと言えます。

ゆん
とはいっても、転職に失敗したらダメなのか?といわれると、そうでもありません

 

なぜなら、「転職(退職)した」という事実が重要だから。

ポイントは、あくまでも今の環境から変われたか、です。

転職成功はボーナスのようなもの。

もちろん、転職を成功させるに越したことはありません。

ただ、失敗しても「もう終わりだ…」と落ち込む必要は、作業療法士だからこそないのです。

そう、作業療法士だから、失敗しても落ち込む必要はないんですよ。

ゆん
なぜなら、作業療法士は転職にめっぽう強いから

 

基本的に、日本全国どこにいっても働き口はあります。

職場を選ばなければ、2週間未満で転職することもできるでしょう。

つまり、今回だめだったとしても、引き続き好条件の求人を探し続け、見つかったら再挑戦すればよいのです。

また、転職を成功させるための手段として、そのための転職エージェントを使いましょう。

実際に、転職に成功した作業療法士は全員使っていました。

ゆん
人事としても、転職エージェントを使わずに転職を成功させた人は見たことがありません

 

エージェント経由でしか応募できない非公開求人があるだけでなく、書類選考や面接対策までばっちりしてくれるからです。

ちなみに、転職エージェントは完全無料なので、使って損することはないですよ。

 

ゆん
とりあえず求人だけ見てみたい…という方は、以下の転職エージェントをご活用ください!

 

転職エージェントなら、無料登録するだけでネットに出ていない優良案件を見つけられるためです。

 

求人を見たいだけで、転職するつもりがなくてもOKなのでご安心ください。

 

料金は完全無料で、登録は1分でできます。

 

おすすめの転職エージェント

  • PT・OT・ST WORKER
  • 総求人数は約40,000件+非公開求人で業界No.1。
  • 首都圏・大都市圏・地方向け求人数も業界最多。
  • PT/OT人材バンク
  • 3か月以内など、早く転職したい人におすすめ。
  • 求人数は業界第2位で、年間11,000人以上が利用している。
  • メドフィット
  • 人間関係で転職を決意した人におすすめ。
  • 施設の人間関係や評判など、職場のリアルな内部情報が豊富。

 

もっと詳しくサービスの詳細が知りたい方は、リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェントも参考にどうぞ!

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

作業療法士をやめてよかった…不満なく退職するには?

やめるなら、作業療法士をやめてよかった!と思いたいですよね。

具体的にどうすればいいのかというと、下記3つを意識すればOTをやめても後悔しません。

ゆん
前章と被る部分もあるので、復習がてらチェックしていってください!

 

  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 辞めてからしたいことを考える
  3. 転職活動をすぐに始める

OTを後悔せず辞める方法①:辞めたい理由を明確にする

作業療法士をやめてよかったと思える人は、やめたい理由が明確です。

具体的にどこが嫌で作業療法士をやめたいのかはっきりしているからこそ、転職先選びでも失敗しません。

まずは、やめたい理由を明確にすること。

理由がわかれば、転職先に求めるものや自分は何が苦手なのか、なにをしたくないのかわかるので、自分に合った転職先を探せます。

OTを後悔せず辞める方法②:辞めてからしたいことを考える

作業療法士を辞めたい理由がはっきりしたら、やめて何をしたいのか考えましょう。

やりたいことがはっきりしていれば、転職先選びがスムーズになり、成功率も上がるためです。

人間は、目的がはっきりしていれば行動に移せます。

反対に言えば、目的があいまいだと何をすべきかわからないので、うまくいかないのです。

作業療法士を辞めて何がしたいのかはっきりさせることが、やめてよかったと思うために重要なステップになります。

ゆん
やりたいことがないなら、それでいいんですよ

 

やりたいことがわからないのは当たり前です。

環境が突然変わろうとしているのだから、頭が追い付けないのも無理ないですからね。

だからこそ、この機会に自分と向き合い、何がしたいのか考えてください。

OTを後悔せず辞める方法③:転職活動をすぐに始める

繰り返しになりますが、転職の成否は作業療法士を辞めた後の幸福度に直結します。

転職に成功すれば「作業療法士やめてよかった!」と思えるでしょうし、そうでなければ後悔しても無理ないですからね。

つまり、転職の成功は退職後の満足に不可欠とも言えます。

では、どうすれば転職を成功させることができるのか。

方法は簡単で、転職エージェント使って早いうちから転職活動を始めることです。

なぜなら、転職は情報戦であり、早く動けば動くほど有利になるから。

実際に、転職成功者の9割以上は、転職エージェントを使っているというデータもあります。

ゆん
僕が採用していた時も、ほとんどは転職エージェント経由でした

 

転職を成功させ、「作業療法士やめて正解だった!」と思うためには、早め早めの行動が吉です。

まとめ:作業療法士をやめてよかった?後悔しないコツは悩むこと

作業療法士を辞めるなら、やめてよかった…と思いたいですよね。

ですが、中には「やめなければよかった…」と後悔する人もいます。

後悔する人と満足する人の違いはいくつかありますが、一番の違いは「どれだけ悩んだか」です。

悩みに悩んで決断した人は、自分の決断を正しいモノにするために努力します。

その結果、作業療法士をやめるにせよ続けるにせようまくいき、後悔しないのです。

せっかく取得した作業療法士の免許。

活かす殺すもあなた次第ですので、存分に悩んでくださいね。

以下の記事では、効率よく情報収集・転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

Twitterでは気ままに呟いてます