当サイトは、回復期病院の元人事が運営しているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の悩み解決に特化したサイトです。
作業療法士が年収700万~800万円稼ぐ方法

作業療法士が年収700万~800万円稼ぐ方法【20代でも目指せる】

作業療法士が年収700万~800万円稼ぐ方法

作業療法士が年収700万円以上も稼げるようになるの?具体的な方法は?
20代・30代の作業療法士でも年収700万円~800万円以上の高収入になれるの?

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事や総務・企画などの業務をしていました

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

また、マイナビニュース転職の監修実績もあるので、信頼性はご安心ください。

 

 

作業療法士で年収700万円~800万円と聞くと、夢のようだと思われるかもしれません。

20年程前でしたら、40代・50代で達成できる「現実的」な年収でしたが、今では想像すらできない状況ですよね。

【閲覧注意】作業療法士はやめとけと言われる理由|現役OTの見解は?でまとめていますが、作業療法士は苦境に立たされています。

しかし、作業療法士として年収700万円以上になる方法はあります。

それも、20代・30代の若手であっても、です。

ただ、簡単ではないので、やろうとする人が少ないんですよね。

本記事では、作業療法士が年収700万円~800万円以上になる方法と注意点を解説します。

少なくとも年収500万円にはなれるので、ぜひチャレンジしてみてください!

作業療法士の平均年収は?年収700万円~800万円は現実的なの?

作業療法士が年収700万円以上になるのは、難しそうに聞こえますよね。

たしかに、普通に働いて、昇給昇進を待っていたら不可能に近いです。

ですが、ぶっちゃけ、行動力さえあれば年収500万円以上は誰でも目指せるので、年収700万円以上は+αの努力でいけます。

ゆん
いったん、作業療法士の平均年収をチェックしてみましょう

 

求人大手の求人ボックスによると、作業療法士の平均年収は354万円です。

700万円までは倍以上差がありますね。

 

 

 

また、2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」によれば、現在の日本人の平均年収は約430万円なので、大きく下回っています。

ゆん
ここだけ見ると、「無理やん…」って思いますよね

 

ですが、ご安心ください。

作業療法士ならではの裏技があります。

それが、訪問リハビリテーションに転職することです。

20代であっても、年収500万円は簡単に超えます。

訪問リハビリはインセンティブがあるからです。

訪問リハビリに転職しただけでも、年収600万円までは視野に入ります。

年収700万円までは、訪問リハビリでの収入「+α」で到達できるので、「作業療法士で年収700万円」は現実的なんです。

作業療法士が年収700万円~800万円以上稼ぐ4つの方法

作業療法士が年収700万~800万円稼ぐ方法は下記の4つです。

  1. 訪問リハビリに転職する
  2. 起業(開業)する
  3. 大学教授・准教授
  4. 大病院の管理職

1つずつ解説しますね。

1:訪問リハビリに転職する(年収500万円~700万円)

作業療法士なら、訪問リハビリに転職するだけで年収500万円は突破できます。

なぜなら、インセンティブ制度があるからですね。

インセンティブ制度とは、歩合制のようなものです。

つまり、やればやっただけ給料が増えます。

ゆん
具体例をあげますね

 

仮に、下記の条件だとします。

  • 1件5000円
  • 50件以降インセンティブ発生

訪問件数が月に100件だった場合、51件目からインセンティブとして5000円×50件=25万円が給与に上乗せされます。

もとの給与が月30万円なら、インセンティブが入って月収55万円。

この時点で、ボーナス抜きで年収660万円ですね。

というわけで、訪問リハビリなら年収500万円は軽く稼げます。

訪問リハビリには、経験年数(年齢)やスキル、実績が関係ないので、やる気があれば年収500万円~600万円は20代でもいけます。

ゆん
ですが、訪問リハビリだけで年収700万円超えは難しいので、副業か投資と組み合わせる方法がおすすめです

 

あくまでも訪問リハビリへの転職はファーストステップ。

年収500万円以上になるための訪問リハビリであり、700万円以上とを狙うなら訪問リハビリ+αが必要です。

とはいえ、訪問リハビリに転職するだけでも年収500万円はいくので、十分高収入ですね。

参考:作業療法士で年収500万円は簡単?OTが効率的に収入アップする方法

2:起業(開業)する(年収1000万円以上)

開業することでも、年収700万円~800万円以上を目指せます。

経営者になるわけですので、年収1000万円以上も夢ではありません。

経営者として年収2000万年越えのOTもいますからね。

ただ、作業療法士として開業することはできないと法律で定められているので、作業療法を提供する事業は起こせません。

ゆん
だから、訪問看護や整体院を開業するリハ職が多いんです

 

近年では、デイサービスの介護保険を利用した方が安定して収益を得られるため、デイサービスで開業するOTが多いです。

経営者としての勉強やリスクがありますが、リターンが大きいのが起業ですね。

3:大学教授・准教授(年収800万円~1000万以上)

大学教授になることで、年収1000万円以上を狙えます。

2019年度版の賃金構造基本統計調査によると、大学教授の平均年収は約1,100万円です。

年収700万円は余裕で超えます。

また、准教授の平均年収は872万円となっているので同様です。

しかし、教授・准教授になるまではハードルが高いです。

年収1000万円以上は作業療法士に限らず厳しいので、開業が現実的ですね。

参考:作業療法士で年収1000万円が難しい理由【OTが収入アップする方法】

4:大病院の管理職(年収800万円)

大病院の管理職になることで、年収800万円が狙えます。

しかし、たどり着くまでに相応の勤続年数と実績が必要です。

年齢的には50代が最多ですね。

若手が目指せるものではありません。

また、事務長に関しては理学療法士がなることはあまりないので、リハビリテーション部長狙いがメインです。

若いうちから年収700万円以上を稼ぐなら、訪問リハビリに転職するか、起業する方法が現実的でしょう。

20代・30代の作業療法士が年収700万円~800万円を狙うなら「投資×副業」

20代・30代の理学療法士が年収700万円~800万円以上の高収入になるなら、転職だけでなく、副業×投資も必要といえます。

なぜなら、転職で収入アップできる額には限度があるから。

訪問リハビリでもせいぜい650万円が限界なので、「+α」として投資と副業がいります。

特に、20代・30代の若手は、転職をしなければ生活できないリスクもあります。

税金や物価ばかり上昇しているのに、給料が増える可能性はほぼ0だからです。

診療報酬に依存している現行システムが続く以上、「何もしない」ことが最大のリスクになります。

ゆん
作業療法士は、20代・30代の方が非常に多いですよね

 

理由はご存じの通り、規制緩和で養成校が乱立したためです。

少子高齢化対策で増え続けている作業療法士ですが、増えた分OT一人あたりの給料がドンドン下がっています。

詳細は、理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法は?】で解説していますが、診療報酬の仕組み上、仕方ないことです。

ゆん
問題なのは、「仕方ない」で済ませてはいけないということですね

 

なぜなら、何もしなければ国に搾取されて終わるから。

業務量と責任だけが増え続けるのに、給料は上がらないとかやっていられませんよね。

残念ながら、そんな未来が現実になろうとしています。

ではどうするのかというと、下記3つの対処法を実践するしかないです。

  1. 転職
  2. 副業
  3. 投資

診療報酬に依存するリハビリ職は、転職して年収を上げ続けるか、副業・投資をしてお金を増やすしか手がありません。

まあ、普通のサラリーマンと似たような状況ですね…

本業の給料が上がらないから、転職をするか、副業・投資で稼ぐしかないということです。

20代・30代の理学療法士が年収700万円~800万円以上の高収入になるなら、転職だけでなく、副業×投資も必要といえます。

ゆん
副業か投資が当たれば、作業療法士以外の職種にもなれます

 

副業・投資は、単に収入が増えるだけではなく、仕事の選択肢や働き方まで選べるようになる「メリット」があるのです。

定年までが長い20代・30代の理学療法士こそ、早めに行動することをおすすめします。

副業や投資については、下記の記事でまとめているので参考にしてください。

ゆん
ちなみに、おすすめの副業はブログですね

 

筆者自身もブログで月20万円ほど稼いでいますが、ブログはまじでおすすめです。

なぜなら、月のコストが1000円なのに、月20万円も収入が増えているから。

利益率が高すぎるんですよね。

また、WEBマーケティングスキルも身につくので、IT業界への転職も視野に入ります。

こんな感じで副業はブログがおすすめですが、まだまだメリットはあります。

詳細は、作業療法士の副業にブログ(アフィリエイト)をおすすめする7つの理由を参考にしてください。

関連記事

作業療法士が副業するならブログはおすすめなの?稼げる? ブログで稼ぐ仕組みは?作業療法士がブログを選ぶメリットが知りたい! このような悩みを解決します。   作業療法士に副業でブログをおすすめする理由 […]

作業療法士の副業にブログ(アフィリエイト)をおすすめする7つの理由

作業療法士が年収700万円~800万円を最短で稼ぐための注意点

作業療法士が年収700万~800万円を効率的に稼ぐためには、知っておくべき注意点があります。

  1. 注意点①:昇給昇進には期待しないこと
  2. 注意点②:節約すること
  3. 注意点③:お金の勉強をすること
  4. 注意点④:ステップアップしていくこと

1つずつ解説しますね。

注意点①:昇給昇進には期待しないこと

昇給昇進には期待しないほうがよいです。

なぜなら、作業療法士の給料は増えないから。

診療報酬の仕組み的にも、昇給はほとんどできないんですよね。

20代や30代に関しては、せいぜい5000円の昇給があれば良い方でしょう。

役職に就けても、手当は1万円~2万円しかつきません。

それならば、転職して年収を100万円アップさせた方が効率的ですね。

注意点②:節約すること

収入を上げるだけでなく、節約もしましょう。

なぜなら、収入が増えても節約しなければお金が増えないから。

支出を見直して、不要な部分をカットすることをおすすめします。

  1. コンビニに行く頻度を減らす
  2. 自販機で買わない
  3. 弁当を持参する
  4. 水筒を持参する
  5. 自炊する

上記のように、簡単にできることから始めましょう。

また、収入を増やすよりも、支出を減らす「節約」のほうが簡単ですよね。

5万円貯金するなら、月収を5万円増やすより、5万円節約するほうが簡単です。

収入を増やす努力と同時に、節約もしましょう。

注意点③:お金の勉強をすること

お金の勉強をしていない人は、すぐに始めましょう。

なぜなら、これからの時代は金融リテラシーがないと生き残れないから。

  1. 節税
  2. 投資
  3. 保険

上記3つは、最低限押さえておきたい分野です。

知らないというだけで損をしていることが山ほどあります。

本屋さんに行けばいくらでも本がありますし、ユーチューブでもたくさん動画があるので、ぜひ勉強してください。

知識は力です。

参考:作業療法士がお金持ちになる方法と稼ぎ方【ロードマップで解説】

注意点④:ステップアップしていくこと

年収700万円以上をいきなりめざすのではなく、段階的に目指しましょう。

なぜなら、心が折れるから。

最初だけやる気があっても、継続できなければ意味がありません。

年収400万円なら、まずは500万円を目標にしてください。

年収500万円に到達できたら、次は600万円です。

最終目標には、段階を踏んでたどり着くように考えることで、やる気の維持と自信につながります。

作業療法士で年収500万円は簡単?OTが効率的に収入アップする方法でまとめていますが、訪問リハビリに転職すれば最低でも年収500万円にはなれるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ:作業療法士の年収700万円~800万円は戦略+行動力で達成できる

作業療法士が年収700万円~800万円以上になる方法と注意点を解説しました。

もしかしたら、「いや、無理でしょ」と思ったかもしれません。

OTの平均年収は360万円以下なので、たしかに遠く感じると思います。

ゆん
だからこそ、チャンスだと思いませんか?

 

なぜなら、実際に「行動」を起こす人が少ないためです。

みんな勝手に「無理だ」と思い込んで行動しないから、ライバルが少ないんですよね。

作業療法士が年収700万円~800万円以上になるためには、転職することが必須だとお話ししましたが、転職求人は有限です。

それも、訪問リハビリなど、好条件の求人からなくなっていきます。

つまり、ライバルが少なければ採用されやすいため、チャンスなのです。

今後は、生き残る作業療法士になるために転職するOTが増えます。

そのため、早く行動しないと競争が激しくなるでしょう。

そのことに気づいたあなたは幸運ですが、行動を起こさなければ意味がありません。

今、行動して将来の自分のために頑張るのか、行動せずに後悔するかはあなた次第です。

 

以下の記事では、効率よく情報収集・転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

リハビリ転職エージェント・サイトおすすめ5選【32社を徹底比較】

 

>>>リハビリ職(PT/OT/ST)におすすめの転職サイト・エージェント

 

 

今回は以上です。

 

作業療法士が年収700万~800万円稼ぐ方法
Twitterでは気ままに呟いてます