当サイトは、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。リハビリ職の転職に関するお悩みを解決するためのメディアです。
【作業療法士の転職】失敗するOTの実例と採用されるコツを元人事が暴露

【作業療法士の転職】失敗するOTの実例と採用されるコツを元人事が暴露

【作業療法士の転職】失敗するOTの実例と採用されるコツを元人事が暴露

作業療法士の転職失敗例(パターン)が知りたいです。
転職に失敗するOTの特徴はありますか?確実に転職したいんです!
OTが転職するためのコツも教えて!

このような悩みを解決します。

ゆん
この記事を書いた私は、200床の回復期病院で人事をしていました。

 

当サイトの記事は、未だに繋がりがある複数の現役PT/OT/STの声をもとに執筆しています。

 

現場の声が聴きたい方や、リハビリ職の最前線が知りたい方におすすめです。

 

今回は、作業療法士が転職に失敗するパターンや理由を「人事視点で」解説していきます。

最後まで読めば、OTが転職するためにすべきことや、してはいけないことがわかり、転職成功率を高められるでしょう。

【実例】作業療法士(OT)が転職失敗する5パターン【人事視点】

筆者は回復期病院で採用をしていました。

この章では、「こういうOTは落としていました」という人事視点で、作業療法士が転職に失敗する実例パターンをご紹介します。

OTが転職に失敗するパターン

  1. 転職の目的があいまい
  2. 条件を気にしすぎる
  3. 情報収集が甘い
  4. 他責思考
  5. 退職してから転職活動する

1つずつ解説します。

1.転職の目的があいまい

作業療法士が転職に失敗する実例(パターン)の1つ目は、転職の目的があいまいであることです。

面接官からすると、転職の目的がない人は浮ついて見えますし、舐められていると感じます。

転職するなら、

  • 転職して何がしたいのか
  • 何が理由で転職するのか
  • 転職した後にどうなりたいのか
  • 転職先に何を求めるのか

といったことを明確にしておきましょう。

転職の軸(目的)を決めることが第一歩です。

2.条件を気にしすぎる

作業療法士が転職に失敗する実例(パターン)の2つ目は、条件を気にしすぎることです。

転職先にあれこれ求めるにしても、何が最も重要なのか、優先順位を決めておきましょう。

そうしないと、一向に転職できません。

優先順位を決める際にも、転職の目的や理由が重要な要素になります。

自己分析をしていない作業療法士は、転職活動がうまくいかない傾向です。

3.情報収集が甘い

作業療法士が転職に失敗する実例(パターン)の3つ目は、情報収集が甘いことです。

転職に失敗する作業療法士の多くは、手持ちの情報が少なく、当院の基本情報すら知らない場合があります。

転職は情報戦ということを知らないせいかもしれませんが、情報の少なさは転職成功率に直結することを肝に銘じましょう。

情報収集は、転職のプロである転職エージェントを使えば問題なく集まるはずです。

4.他責思考

作業療法士が転職に失敗する実例(パターン)の4つ目は、他責思考であることです。

他責思考とは、「自分は悪くない。他人(環境)が悪い」と考える人を言います。

失敗しても自分ごととしてとらえないので、一向に成長しません。

成長しないということは、企業にとって採用するメリットがないので、採用される可能性は低いです。

他責思考の反対である自責思考ができる作業療法士は、改善ができる人なので、積極的に採用されるでしょう。

5.退職してから転職活動する

作業療法士が転職に失敗する実例(パターン)の5つ目は、退職してから転職活動することです。

「退職してから転職活動すれば集中できる」とは思わないでください。

なぜなら、時間に余裕ができたことで気が緩んでしまうからです。

作業療法士は基本的に激務ですよね。

そのため、退職して時間を作ろうとする人が多いのですが、それは転職失敗の第一歩です。

忙しい人でも転職できるように転職エージェントはいるので、有効に活用することをおすすめします。

【元人事が暴露】失敗しない!作業療法士(OT)が採用されるコツ3選!

それでは、作業療法士が転職に失敗しないためにはどうすればよいのでしょうか。

本章では、OTが転職を成功させるコツを3つご紹介します。

OTが採用されるコツ

  1. 情報収集に手を抜かない
  2. 専門性をアピールする
  3. 自己分析を徹底する

1.情報収集に手を抜かない

作業療法士が転職を成功させるコツの1つ目は、情報収集に手を抜かないことです。

転職は情報戦であるということはお伝えした通りですが、みなさんの想像の10倍は、情報が重要になります。

例えば求人数です。

Aさんが10個知っていたとして、Bさんが100個の求人を知っていたとします。

優良求人数は、どちらの方が多いでしょうか?

おそらく、母数そのものが多いBさんの方が優良求人を知っているはずです。

このように、情報は知っているだけで武器になり、転職成功率に直接関わってきます。

作業療法士が転職に失敗しないためにすべきなのは、情報収集に力を入れることです。

2.専門性をアピールする

作業療法士が転職を成功させるコツの2つ目は、専門性をアピールすることです。

なぜなら、特定分野に特化した作業療法士でないと、需要がなくなりつつあるから。

作業療法士には将来性ない?元人事が勝ち残るOTになる方法を解説でまとめていますが、これまでのような「普通のOT」には将来性がありません。

将来的があるのは、特定の分野に特化した、より高い専門性を持つ作業療法士です。

特定分野で専門性をアピールできれば、応募先にとって「価値がある人材」とみなされます。

転職を有利に進めるために、専門性をアピールして自分の価値を押し出しましょう。

3.自己分析を徹底する

作業療法士が転職を成功させるコツの3つ目は、自己分析を徹底することです。

転職に失敗する作業療法士は、決まって自己分析が甘いですね。

自己分析できていないと、転職の軸(目的)がブレブレになるだけでなく、自己アピールもできません。

ゆん
転職の目的や軸は、自己分析の結果としてわかりますよ!

 

自己分析のやり方でおすすめの方法は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を使うことです。

自分の強みや弱みがわかるだけでなく、診断結果を応募先にそのまま送ることもできます。

転職の目的が不透明だったり、自己PRで迷ったりしている方はご活用ください。

>>>グッドポイント診断を無料で試してみる

【現役OTに聞いた】転職に成功した作業療法士(OT)が意識したことは?

ここでは、転職に成功した作業療法士が、当時意識していたことを聞いてきたのでご紹介します。

3名にお聞きした結果、大事なのは以下の3つでした。

転職したOTが意識していたこと

  1. 転職理由はポジティブなものにする
  2. 転職先に求めるものを絞る
  3. 現場見学をする

1つずつ解説します。

1.転職理由はポジティブなものにする

転職に成功した作業療法士が意識していたことの1つ目は、転職理由はポジティブなものにすることです。

なぜなら、転職理由がネガティブだと面接で悪い印象を持たれかねないから。

ネガティブな理由とは、

  • 人間関係が悪くなったから
  • 上司とそりが合わないから
  • 患者ともめた

などです。

ゆん
こういった理由で転職する人は、転職先でも問題を起こす可能性が高いので、人事としては採用を避けますね。

 

実際に、本当はネガティブな理由だったけど、選考では嘘をついていたOTもいました。

  • キャリアアップしたい
  • 御社ならやりたいことができる
  • もっと経験したい

といったポジティブな転職理由なら、面接官への印象もよいのでおすすめです。

2.転職先に求めるものを絞る

転職に成功した作業療法士が意識していたことの2つ目は、転職先に求めるものを絞ることです。

転職に失敗するOTによくあるのですが、

  • 給料
  • 休みやすさ
  • 人間関係
  • 職場の年齢層

など、多くを求めすぎると失敗します。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざの通りです。

そこで、転職先に求めるものに優先順位をつけることをおすすめします。

自分が何を転職先に求めるのか、何が一番大事なのか決めておけば、数ある求人から自分に合った求人を探し出すことができるでしょう。

3.現場見学をする

転職に成功した作業療法士が意識していたことの3つ目は、現場見学をすることです。

なぜなら、面接では現場の雰囲気がわからないし、人間関係や設備を自分の目で確かめられるから。

特に、人間関係で転職したい場合は、現場のスタッフを見ておかないと失敗する可能性があります。

選考では応募先のキラキラした部分しか見えないので、現場を見て事実確認し、自分が働いている姿をイメージすることが重要です。

作業療法士が転職するなら転職エージェントの活用がポイント

転職を成功させた作業療法士は、100%転職エージェントを活用していました。

なぜなら、転職エージェントを使えば優良求人を提案されるだけでなく、スケジュール管理もしてもらえるためです。

転職エージェントに希望を伝えておけば、転職を成功させるために必要な情報は勝手に集まります。

しかも、書類提出や面接といったスケジュール管理もしてくれるので、忙しいOTでも働きながら転職活動できるでしょう。

転職活動を効率的に成功させるために、転職エージェントの活用をおすすめします。

料金は無料です。

ゆん
悩みや不安の相談ができることも、転職エージェントのメリットですよ。

 

リハビリ職専門の転職エージェント

PT・OT・ST WORKER

  • 地方で転職したい方には特におすすめ他社より地方向け求人が圧倒的に多い。
  • 総求人数は60,000件で業界最多。首都圏の求人数も業界最多。
  • 応募の際は面接日程調整から面接前後のフォロー、給与交渉までしてくれる。
  • 独占案件も業界最多。外しちゃいけないサービス。

【リハのお仕事】

  • 人間関係で転職を決意した人におすすめ
  • 施設の人間関係や評判など、職場のリアルな内部情報が豊富
  • PT・OT・ST WORKERにはない地方求人が見られる。
  • 独占の非公開求人は優良案件。

【PTOTキャリアナビ】

  • スピードより正確さと丁寧さを求める人におすすめ
  • LINEでの相談・連絡が可能で、気軽に転職できる。
  • 仕事の空き時間を活用できるので忙しい人向き。
  • 求人は完全非公開なので、超優良求人がみつかることも。

 

上記は、リハビリ職に特化した転職エージェントです。

 

PT/OT/STのまま、職場だけを変えたい場合にご活用ください。

 

ゆん
転職エージェントは登録・利用ともに完全無料です。

 

以下の4社は、一般職の求人とリハビリ職向けの求人どちらも揃っている転職エージェントです。

 

一般職も考えている方は、こちらの方が向いています。

 

一般職の求人も充実している転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
相性が悪いとうまくいかないので、複数サービス活用することをおすすめします。

 

 

転職活動の始め方や注意点なども知りたい方は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士におすすめの転職サイト・エージェントをご覧ください。

 

関連記事

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。 私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります[…]

 

今回は、以上です!

OTの転職失敗例から学び、スムーズに転職できることを祈っています。

今回は以上です。

【作業療法士の転職】失敗するOTの実例と採用されるコツを元人事が暴露
Twitterでは気ままに呟いてます