当サイトは、リハビリ職(PT/OT/ST)の転職に特化しています。リハビリ職の転職に関するお悩みを解決するためのメディアです。

筆者はこれまで回復期病院の人事として、300人以上の転職サポートと採用をしてきました。

私自身の転職経験は、一般職から一般職への二度しかありませんが、仕事を通して30社以上の転職サイト・転職エージェントを利用した経験があります。

本記事では、実際に役立ったリハビリ職特化の転職サイト・転職エージェントを32社から厳選してまとめました。

また、リハビリ職から一般職へ転職したい人におすすめの転職サービスや、転職時の注意点も併せてご紹介します。

リハビリ職(PT/OT/ST)における転職サイト・エージェントの使い方

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といったリハビリ職(医療系専門職)の転職では、以下の流れで進めることがおすすめです。

この方法を使うことで、自己応募では落ちてしまうような求人でも通過しやすくなります。

転職サイト・転職エージェント活用の流れ
  1. 複数の転職サイトと転職エージェントに登録する
  2. 転職サイトまたは転職エージェントで、気になる求人を見つける
  3. 転職エージェントに気になった求人を連絡する
  4. 転職エージェントを経由して、推薦状付きで応募する

上記の方法をおすすめする理由は、転職サイト経由で応募した場合、書類選考の時点で落とされる可能性があるためです。

転職サイトはあくまでも情報収集用で、応募は転職エージェントというイメージをしてください。

転職サイトと転職エージェントを並行して活用し、転職エージェントから推薦状をもらって、書類選考の通過率を高めるのがおすすめです。

また、Aという転職サイトには載っていた求人が、Bという転職サイトには載っていないということも考えられます。

取りこぼしをなくして、効率的かつ有利に転職活動を進めるために、複数の転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

ゆん
最近は転職エージェントにも優良求人が増えてきたので、転職エージェントだけでもOKです。

 

次章では、リハビリ職(PT/OT/ST)を続けたい方に向いている転職サービスをご紹介します。

リハビリ職(PT/OT/ST)を続けたい人におすすめの転職エージェント

この章は、リハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)は続けたいけど、職場を変えたいという人向けの内容になります。

筆者は、300人以上のリハビリ職の人たちの転職サポートと採用をしてきたことで、転職サイトと転職エージェントにはそこそこ詳しくなりました。

30社以上のリハビリ職に特化した転職サイト・転職エージェントの中から、これに登録しておけば問題ないという3社をご紹介します。

1.PT・OT・ST WORKER

リハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の転職なら、PT・OT・ST WORKERを使わない手はありません。

1人1人に専任コンサルタントが付き、総求人数60,000件(業界最多)から、希望にあった求人を探して提案してくれます。

応募の際は面接日程調整から面接前後のフォロー、給与交渉までしてくれるので、転職未経験者には特に心強い味方です。

年収500万円クラスの求人や年間休日126日の求人、主任クラス以上の希少求人など、PT・OT・ST WORKERにだけ寄せられる非公開求人(計25,000件以上)を扱っています。

他社と比較して際立つ強みは、地方求人の豊富さです。

首都圏の求人数は言うまでもなく多いですが、大都市(大阪・名古屋・福岡など)や地方向けの求人数が年々増えているので、地方で転職したい方にとっては必須のサービスでしょう。(他社は地方求人が少ないため)。

注意点は、専任コンサルタントからの連絡が他社より多いことです。

うっとうして集中できない場合は、連絡を少なめにするように要望を出す必要があります。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

2.リハのお仕事

リハのお仕事は、リハビリ職に特化した転職エージェントの中でも異色を放つサービスです。

他社との決定的な違いは、病院や施設の人間関係や評判といった、個人では知ることが難しい情報が充実している点にあります。

内部情報がこれほど揃っている転職サービスは、リハのお仕事以外に知りません。

職場のリアルな内部情報を知りながら転職先を探せるのは、人間関係で転職を決意した人にとって大きなメリットといえるでしょう。

非公開求人は特に数多く扱っており(求人数非公開)、面接の予定調整や給与・待遇交渉などにおいては柔軟にサポートしてくれます。

就業後も専任スタッフがお悩み相談などのアフターフォローを行ってくれるので、新職場での不安や悩みを一緒に解決してくれます。

希望以外の求人も紹介されるところが気になりましたが、非公開求人の豊富さと職場のリアルな情報が何よりの魅力だと感じました。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

3.PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビは、知名度と対応エリアでは上記2社に劣るものの、都心部の求人に強い転職エージェントです。

求人は完全非公開なので、他社にはない優良求人が見つかることもあります。

他社と比較した強みは、担当の質の高さです。

当たり外れが小さいので、初めての転職でも安心して相談でき、自分のペースで進められるでしょう。

キャリアアドバイザーとLINEでの相談・連絡が可能なため、仕事の空き時間を活用した転職活動に定評があります。

給与や待遇交渉をはじめ、履歴書チェックや面接日程調整、面接対策も実施してくれる好待遇です。

しかし、狭いエリア(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)での求人しか取り扱っていない点が気になりました。

PTOTキャリアナビは、首都圏での転職で、丁寧なサポートを受けつつ、自分のペースで進めたい人におすすめです。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

4.メドフィット リハ求人.com

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、リハビリ職(PT/OT/ST)だけでなく、医療・介護分野の専門職の転職サポートを総合的に行っている転職サービスです。

他社との最大の違いは、転職先が決まるまでのスピード感にあります。

最短3日で内定が取れたという実績があるので、とにかく早く転職したい方に嬉しいサービスです。

医療機関と密に連携しているため、現場の情報も抑えており、スピードのために求人の質が低下することもありません。

医療・介護系専門の転職エージェントとしての入職実績と、医療機関から直接獲得した非公開求人にも魅力があります。

都心部の求人は他社に引けを取りませんが、地方の求人に関しては少なめです。

メドフィットは、とにかく早く転職したい方や、職場の人間関係や施設(病院)の内部情報が知りたい方に向いています。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

リハビリ職(PT/OT/ST)から一般職へ転職したい人におすすめの転職サイト・エージェント

この章は、リハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)を辞めて、一般職へ転職したい人に向けた内容です。

筆者(転職2回)が転職した際に利用して役立ったと思えるサービスから、リハビリ職(PT/OT/ST)の経験しかない人におすすめの転職サイト・転職エージェントを3つだけご紹介します。

それぞれ一長一短があるので、複数のサービスを利用して転職を有利に進めましょう。

1.doda

転職サイトはdoda

  • おすすめ度:
  • 【公式サイト】doda

dodaは、利用者満足度が90%(業界第1位)を超えており、求人数は13万件以上である、業界第2位の転職サービスです。

求人は大手~中小まで、首都圏から地方まで揃っており、未経験でもOKの職種を複数見つけられるでしょう。

業界2位の求人数は伊達ではなく、一般職はもちろん、リハビリ職経験者向けの求人も数多く見られました。

使ってみて便利だったのは、転職サイトと転職エージェント、どちらの機能も併せ持っている点です。

他社は転職サイトと転職エージェント機能が切り離されていて使いにくかったのですが、dodaは機能が揃っているので転職に集中できました。

転職に不慣れな20代向けに、書類作成や面接サポートも充実しているので、転職経験がない人にdoda転職サイトはおすすめです。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績が業界第1位の転職エージェントです。

非公開求人は業界最多の18.4万件以上であり、総求人数は圧倒的業界NO.1(35万件以上)を誇ります。

特徴は、リクルートだからこそ持っているノウハウと、圧倒的な求人数で万全なサポートを受けられることです。

企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントだからOK」という理由で優遇されることもあります。

転職サイトであるリクナビNEXTで20代向けの求人を調べ、リクルートエージェントで応募すればより効率的に進められるでしょう。

返信が早く、提案される求人も好条件のものが多くて安心感がありましたが、メールが多すぎてうんざりすることもありました。

条件を絞ればメールは減るので、そこまでデメリットではなかったです。

コロナ禍の影響でオンラインにも対応したので、在宅で転職活動を済ませたい方には特におすすめします。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

3.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職エージェントオリコン顧客満足度調査で、3年連続第1位を獲得した実績があります。

丁寧なサポートにあらゆる利用者が満足しているので、初めての転職活動で不安が多い方には、特におすすめの転職エージェントです。

他社との違いは、女性向けの求人や対応に定評があり、常に高評価を受けている点にあります。

求人数に関しては業界第3位ですが、言葉遣いや服装など、他社ではやらないようなきめ細かいところまで丁寧なサポートをしてくれますよ。

パソナキャリアは、女性向けの求人を多く知りたい方や、丁寧なサポート体制でじっくり転職したい方におすすめのサービスです。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

4.リクナビNEXT

リクナビネクスト

リクルートエージェントと並行利用することで相乗効果を発揮するのが、リクナビNEXTです。

求人数は5.3万件と業界第1位を誇り、そのうち85%が限定公開となっています。

会員数は1,210万人以上、転職者の約8割が使っている(2021年12月時点)文句なしのメガサービスです。

最大の特徴は、転職サイトで唯一、履歴書と職務経歴書を無料で作成できる機能があることでしょう。

テンプレート通りに進めるだけで、内定獲得者が作るような完成度の書類を作れます。

しかも、スカウト機能があるので、登録してオファーされるのを待つだけで転職できることもありますよ。

ゆん
グッドポイント診断という自己分析ツールを使えば、強みと弱みが客観的にわかります。

 

↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

 

 

ゆん
上記3社は、一般職にも強いサービスのごく一部です。もっと選択肢がほしい方は、以下の記事をご覧ください。

 

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職で補助として使いたい転職関連サービス

本章では、筆者が転職したときに使ってよかった転職関連アプリ・サービスを2つだけご紹介します。

リハビリ職に関する情報は少ないですが、少しでも多くの情報が欲しい方におすすめです。

本当に便利なので、ぜひご活用ください。

1.ミイダス

ミイダスは、現時点での自分の市場価値がわかるサービスです。

いくつかの質問に答えることで、自分にはどのような求人が来るのか、どこに需要があるのかわかります。

なぜ自分の市場価値を知っておくべきなのかというと、年収交渉の際に適性な価格かどうかわかるためです。

転職先に足元を見られても、騙されないようになりますよ。

オファーの妥当性だけでなく、企業の誠意がみえるので、利用してみると面白いです。

登録も利用も無料なのでご安心ください。

2.転職会議

tensyokukaigi

転職会議では、企業に対する「社員の声」がわかります。

単純に、企業の裏面がわかって面白いです。

正社員の口コミよりも、派遣社員や契約社員の口コミの方が企業の暗黒面が書かれていた気がします(独断と偏見)。

やけに好条件の求人や、これはおかしいと思った求人があったらご活用ください。

こちらも、無料で使えます。

ゆん
口コミにはサクラもあるので、うのみにしないように気を付けましょう。

 

【重要】リハビリ職(PT/OT/ST)の転職では年収交渉をしよう

リハビリ職(PT/OT/ST)と一般職の転職では、「年収交渉」を忘れずにしましょう。

転職が初めてだと「交渉なんてしていいの?」と思うかもしれませんが、年収交渉することは「普通」です。

ゆん
むしろ、年収交渉はしないと損です。

 

なぜなら、年収交渉は転職エージェントが行うものであり、自分はやる必要がないから。

「年収アップ頑張ってください!」といえばいいだけなので、とりあえず頼みましょう。

ちなみに、転職エージェントとしても、求職者の年収が上がるメリットは大きいので頑張ってくれますよ。

エージェントが真剣になってくれる理由は、転職活動者がもらう年収の30~40%が、エージェントの報酬になるためです。

つまり、「営業マン」である転職エージェントとして年収を高くするためには、年収交渉を頑張らなくてはならないというわけですね。

ゆん
エージェントが勝手に頑張ってくれるんだから、限界まで年収を引き上げてもらいましょう!

 

ただし、転職エージェントといっても「やる気がない人」「能力がない人」はいます。

ダメだと思ったら、担当の変更を申請しましょう。

経験上、時間の無駄になるので、遠慮なく転職エージェントを切り替えてOKです。

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職で注意すべきこと

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職活動では、以下4つのポイントに注意が必要です。

  1. 転職先に求めるものをはっきりさせる
  2. 転職先が決まる前に退職しない
  3. 退職理由はポジティブなものにする
  4. 転職エージェントのサポート期限を忘れない

1つずつ解説します。

1.転職先に求めるものをはっきりさせる

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職活動で注意すべきことの1つ目は、転職先に求めるものをはっきりさせることです。

人それぞれ、環境によって退職理由は違うはずですし、転職先に求めるものは違いますよね。

例えば、

  • 年収
  • 勤務地
  • 職種
  • 休みやすさ
  • 育児休暇

などです。

自分の転職理由をもとに、最低限譲れないものは、転職エージェントに伝えておきましょう。

転職エージェントの言いなりになると、転職で失敗するリスクがあります。

転職を成功させるために、譲れないポイントを明確にしておいてください。

2.転職先が決まる前に退職しない

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職活動で注意すべきことの2つ目は、転職先が決まる前に退職しないことです。

なぜなら、退職すると時間に余裕が生まれて「油断」につながるから。

転職先が求めているのは「有能な人材」であって、「無職」ではありません。

また、「職がある」という状況は、精神的にも有利に立たせてくれる要素です。

転職先が決まっていないのに辞めることは、極力控えましょう。

3.退職理由はポジティブなものにする

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職活動で注意すべきことの3つ目は、退職理由はポジティブなものにすることです。

なぜなら、退職理由がネガティブだと、転職元・転職先の両方からマイナスイメージをもたれることになるから。

ネガティブな理由にしてしまうと、「また辞めるのでは?」と、応募先や転職エージェントに思われて不利になるかもしれません。

どこでどんな噂が流れるかわからないので、転職先に話す退職理由はもちろん、転職元への理由もポジティブなものにしましょう。

「ステップアップしたい」「やりたいことがみつかった」など、キャリアアップのための思われる理由が望ましいです。

4.転職エージェントのサポート期限を忘れない

リハビリ職(PT/OT/ST)の転職活動で注意すべきことの4つ目は、転職エージェントのサポート期限を忘れないことです。

転職エージェントには、「3ヶ月」や「1年」など、サポート期限が決まっているケースがあります。

期限を過ぎてしまうと、転職そのものはもちろん、再利用も厳しいのでサポート期限を意識して転職活動しましょう。

サポート期限が無期限の転職エージェントもありますが、転職活動を始める前に確認することをおすすめします。

まとめ:リハビリ職(PT/OT/ST)の転職成功の秘訣はスピード感

最後になりますが、経験上重要だと思うアドバイスをします。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職活動は、スピードが命ということです。

いざ転職しようと思ってから行動しても、なにから始めればよいのかわからない人がほとんどでしょう。

心や時間に余裕がない場合は、なおのこと悔いの残る転職になってしまいかもしれません。

転職を成功させるためには、「転職しよう」と決断する前の「転職したほうがよいのでは?」という段階から動くことがおすすめです。

また、転職エージェントには当たりはずれがあります。

「この人はダメだな」と思ったら、容赦なく別の転職エージェントを活用することがおすすめです。

遠回りした気になるかもしれませんが、結果的には無駄を省いて最短距離で進んだと思えるはずです。

転職サイトと転職エージェントを並行活用して、転職活動を成功させましょう。

  • PT/OT/STワーカー
    5

    ①業界最大手の転職サービスで、総求人数は60,000件。首都圏~地方まで求人がそろっており、業界最多の求人数を誇る。
    ②他社との違いは、地方向けの求人数が圧倒的に多いこと。他社は首都圏にのみ強いが、PT/OT/ST WORKERは地方にも強い。地方で転職したい方には必須。
    ③独占案件は25,000件以上でこちらも業界最多。非公開求人は優良求人が多く、絶対に外せない転職サービスといえる。

    ↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

  • リハのお仕事
    5

    ①他社との違いは内部情報の強さ。病院や施設の人間関係といったリアルな内部情報が豊富であり、人間関係で転職を決意した人におすすめ。
    ②非公開求人は独占案件を多く扱っており、面接の予定調整や給与・待遇交渉などにおいては柔軟にサポートしてくれる。
    ③就業後も専任スタッフがお悩み相談などのアフターフォローを行ってくれるので、新職場での不安や悩みを一緒に解決できる。

    ↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

  • PTOTキャリアナビ
    4

    ①求人が完全非公開なので、超優良求人が見つかることがしばしばある。
    ②キャリアアドバイザーとLINEでの相談・連絡が可能なため、仕事の空き時間を活用した転職活動ができる。
    ③他社との違いはサポートの手厚さと丁寧さ。給与や待遇交渉をはじめ、履歴書チェックや面接日程調整、面接対策も懇切丁寧にしてくれるので、初心者でも安心。

    ↓↓無料登録(公式サイト)はこちら↓↓

ゆん
以下の3社は、リハビリ職と一般職、どちらにも強い転職サービスです。

 

  • doda
    5.0

    転職サイトはdoda

    ①利用者満足度が90%で、全転職サイト最高評価を獲得!
    ②企業から直接オファーが届くスカウト機能で、余裕をもって転職活動ができます。
    ③キャリアアップ査定といったツールで自分の市場価値を把握して、年収交渉などを有利に進められました。
    ④転職に不慣れな20代向けにサポートも充実しており、転職経験がない人でも安心して利用できます。

    ↓↓dodaの公式サイト(無料登録)はこちら↓↓

    >>>dodaエージェントサービス

  • リクルートエージェント
    5.0

    リクルートエージェント

    ①求人の質・量ともに業界No.1!
    ②リクルートだからこそ持っているノウハウと、圧倒的な求人数で万全なサポートを受けられます。
    ③企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントだからOK」という理由で書類選考に通ったこともありました。
    ④リクルートエージェントにしかない独占求人も多数あるので、必ず登録しておきたいエージェントです。

  • パソナキャリア
    4.99

    パソナキャリア

    ①転職エージェントのオリコン顧客満足度調査で3年連続第1位!
    ②キャリアアドバイザーの手厚いサポートに定評がある転職エージェントです。
    ③日系・外資系ともに大手の求人が多く、登録しておくだけでも有益な情報を得ることができました。
    ④幅広く求人が欲しい人、転職経験がなく手厚いサポートがほしい人には特におすすめです。

ゆん
転職はちょっと…だけど収入はもう少しほしいという方には、副業という選択肢があります。

 

  • PT/OT/STの強みを生かせる副業をまとめました。
  • 月5万円程度の副収入がほしい方はご覧ください。
  1. 【理学療法士】におすすめの副業はこちら
  2. 【作業療法士】におすすめの副業はこちら
  3. 【言語聴覚士】におすすめの副業はこちら
Twitterでは気ままに呟いてます